ジャー動物保護区

ジャー動物保護区

ジャー動物保護区は、カメルーンにある自然保護区。首都ヤウンデの東南約70kmにあたる。東西90km、南北40km、面積5260km2に及ぶ。全体の約8割が人口の希薄な東部州、約2割が都市化が進んだ南部州に属する。領域全体がジャー川の本流、支流に取り囲まれている。バカ族のみ居住を認められている。

ユネスコの世界遺産に登録されている。2007年現在ではカメルーン唯一の世界遺産だが、選ばれた理由は、アフリカ州において、自然のままの姿が残された最大の熱帯雨林であること。フランス領だった1932年には一部地域の保護が始まり、1950年に自然保護区となった。

1500種の植物(うち43種が林冠を形成、53種が低木)と107種の哺乳類(うち5種は絶滅危惧種)が確認されている。特にサル目の哺乳類が豊かである。ニシローランドゴリラ、マンドリル、コロブスやタラポイン、マンガベイなどの各種のオナガザル、ガラゴやポト等のロリスが生息している。その他の哺乳類としては、ヒョウ、シタツンガやボンゴ等のアンテロープ、アフリカスイギュウ、イボイノシシ、モリイノシシ、変わった体表を備えるセンザンコウが見られる。哺乳類以外では、ニシキヘビ、ワニが住む。

概要
ジャー動物保護区は、カメルーンにある自然保護区。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ティムガッド

    ティムガッド

  2. メクネス

    メクネス

  3. バンディアガラの断崖

    バンディアガラの断崖

  1. マラケシュ

    マラケシュ

  2. テトゥアン

    テトゥアン

  3. トンブクトゥ

    トンブクトゥ

  1. ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

    ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

  2. ラム (ケニア)

    ラム (ケニア)

  3. スース

    スース

  1. 泥のモスク

    泥のモスク

  2. ル・モーン・ブラバン

    ル・モーン・ブラバン

  3. ニンバ山厳正自然保護区

    ニンバ山厳正自然保護区

  1. ロベン島

    ロベン島

  2. マラウイ湖国立公園

    マラウイ湖国立公園

  3. ティヤ

    ティヤ

  1. レプティス・マグナ

    レプティス・マグナ

  2. マトボ

    マトボ

  3. ベニ・ハンマードの城塞

    ベニ・ハンマードの城塞

  1. メロエ

    メロエ

  2. メンフィス (エジプト)

    メンフィス (エジプト)

  3. ジーザス要塞

    ジーザス要塞

  1. テネレ

    テネレ

  2. ヴィクトリアの滝

    ヴィクトリアの滝

  3. ドゥッガ

    ドゥッガ

  1. ンゴロンゴロ保全地域

    ンゴロンゴロ保全地域

  2. モザンビーク島

    モザンビーク島

  3. フィラエ神殿

    フィラエ神殿

  1. バン・ダルガン国立公園

    バン・ダルガン国立公園

  2. ラリベラの岩窟教会群

    ラリベラの岩窟教会群

  3. W国立公園

    W国立公園

  1. テーベ

    テーベ

  2. トゥルカナ湖国立公園群

    トゥルカナ湖国立公園群

  3. マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

    マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

  1. ナミブ砂漠

    ナミブ砂漠

  2. ルウェンゾリ山地国立公園

    ルウェンゾリ山地国立公園

  3. ヌビア遺跡

    ヌビア遺跡

  1. トゥウェイフルフォンテーン

    トゥウェイフルフォンテーン

  2. ブウィンディ原生国立公園

    ブウィンディ原生国立公園

  3. ロロペニの遺跡群

    ロロペニの遺跡群

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る