セネガンビアの環状列石

セネガンビアの環状列石

セネガンビアの環状列石は、セネガル、ガンビア両国に跨るセネガンビア地域で見られる環状列石群である。39,000km2に分布しており、遺跡の総数は、1,965箇所で、16,790基の石碑及び石柱が発見されている。また、1,045箇所の環状列石、3,448箇所の石をめぐらせた墓と石を使わない墓があり、9,093個の石が、石を使用した墓や環状列石を伴う墓に用いられている。また単独の石碑ないし石柱は、3,204箇所確認されている。そのうち一部がユネスコの世界遺産に登録されている。登録対象地域は、ガンビアのガンビア川中流地方のKerbatch(登録ID1226-01)と Wassu (ID1226-002)、セネガルのカオラック州のSine Ngayène (ID1226-003)、Warnar (ID1226-004) の4箇所である。

立ち並ぶ巨石は8世紀頃に、より早い時期の墓の上に墓標として立てられたものであり、12世紀頃まで続けられた。10個から24個の石でそれぞれの環が形成され、高さは1メートルから2.5メートル、重いものでは10トンにもなる。これらの石は、一般的にはラテライトである。

1,000以上の環状列石群があるが、最大のものは1,000以上の石で52の環が作られているジャルンベレ (Djalloumbéré) のもので、ワッス (Wassu) 周辺にある。ワッスには、環状列石に関する博物館がある。

環状列石には、伝統的に上に小さな岩が置かれているが、その意味は未詳である。環状列石が立てられた理由自体も解明されていないが、2006年にナショナル・ジオグラフィックが報告した発掘調査によれば、葬儀に関するものであった可能性が示唆されている。

概要
セネガンビアの環状列石は、セネガル、ガンビア両国に跨るセネガンビア地域で見られる環状列石群である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ティヤ

    ティヤ

  2. ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

    ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

  3. テトゥアン

    テトゥアン

  1. ケルアン

    ケルアン

  2. リフタスフェルト

    リフタスフェルト

  3. ブウィンディ原生国立公園

    ブウィンディ原生国立公園

  1. ワディ・アル・ヒタン

    ワディ・アル・ヒタン

  2. トンブクトゥ

    トンブクトゥ

  3. ドゥッガ

    ドゥッガ

  1. ニンバ山厳正自然保護区

    ニンバ山厳正自然保護区

  2. ロロペニの遺跡群

    ロロペニの遺跡群

  3. モザンビーク島

    モザンビーク島

  1. マナ・プールズ

    マナ・プールズ

  2. ティムガッド

    ティムガッド

  3. ムザブ

    ムザブ

  1. マラウイ湖国立公園

    マラウイ湖国立公園

  2. マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

    マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

  3. ニョコロ=コバ国立公園

    ニョコロ=コバ国立公園

  1. オカバンゴ・デルタ

    オカバンゴ・デルタ

  2. ラム (ケニア)

    ラム (ケニア)

  3. ベニ・ハンマードの城塞

    ベニ・ハンマードの城塞

  1. フレデフォート・ドーム

    フレデフォート・ドーム

  2. ル・モーン・ブラバン

    ル・モーン・ブラバン

  3. ルウェンゾリ山地国立公園

    ルウェンゾリ山地国立公園

  1. メロエ

    メロエ

  2. ナミブ砂漠

    ナミブ砂漠

  3. テーベ

    テーベ

  1. ラリベラの岩窟教会群

    ラリベラの岩窟教会群

  2. バン・ダルガン国立公園

    バン・ダルガン国立公園

  3. アスキアの墓

    アスキアの墓

  1. バサリ地方

    バサリ地方

  2. メンフィスとその墓地遺跡

    メンフィスとその墓地遺跡

  3. ンゴロンゴロ保全地域

    ンゴロンゴロ保全地域

  1. トゥウェイフルフォンテーン

    トゥウェイフルフォンテーン

  2. マロティ=ドラケンスバーグ公園

    マロティ=ドラケンスバーグ公園

  3. アブ・シンベル神殿

    アブ・シンベル神殿

  1. バンディアガラの断崖

    バンディアガラの断崖

  2. マプングブエ

    マプングブエ

  3. テネレ

    テネレ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る