アワッシュ川下流域

アワッシュ川下流域

「アワッシュ川下流域」は、アワッシュ川の下流域。また、エチオピア北東部にあるハダール村付近の一帯が、ユネスコの世界遺産に登録された際の名称。登録された主たる理由は、この地でアウストラロピテクス・アファレンシス(アファール猿人)の化石人骨ルーシーが発見されたことによる。

ルーシーはアメリカやフランスの合同調査隊によって1974年11月30日に発見された化石人骨で、全身の約40%の骨が見つかるという奇跡的な発見状況と、350万年前の人骨という突出した古さから、人類の進化を考察する上で、またとない貴重な証人となったのである。

この時の調査では、40人分の化石人骨の破片計316個が見つかっているが、ルーシーほどにまとまった量が出土した個体は他に存在しなかった。ともあれ、この時に見つかった人骨は、アウストラロピテクス・アファレンシスと名付けられることとなった。
現在では、川を遡った中流域で、ルーシーよりも古い化石人骨が発見されている。

概要
「アワッシュ川下流域」は、アワッシュ川の下流域。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. レプティス・マグナ

    レプティス・マグナ

  2. マナ・プールズ

    マナ・プールズ

  3. ルウェンゾリ山地国立公園

    ルウェンゾリ山地国立公園

  1. ティムガッド

    ティムガッド

  2. テトゥアン

    テトゥアン

  3. マプングブエ

    マプングブエ

  1. ヌビア遺跡

    ヌビア遺跡

  2. アガデス

    アガデス

  3. マラケシュ

    マラケシュ

  1. メロエ

    メロエ

  2. 南アフリカの人類化石遺跡群

    南アフリカの人類化石遺跡群

  3. バンディアガラの断崖

    バンディアガラの断崖

  1. ケルアン

    ケルアン

  2. メンフィスとその墓地遺跡

    メンフィスとその墓地遺跡

  3. マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

    マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

  1. テーベ

    テーベ

  2. 泥のモスク

    泥のモスク

  3. ロペ=オカンダ

    ロペ=オカンダ

  1. ラリベラの岩窟教会群

    ラリベラの岩窟教会群

  2. マラウイ湖国立公園

    マラウイ湖国立公園

  3. アスキアの墓

    アスキアの墓

  1. ハラール (エチオピア)

    ハラール (エチオピア)

  2. ンゴロンゴロ保全地域

    ンゴロンゴロ保全地域

  3. ティヤ

    ティヤ

  1. アブ・シンベル神殿

    アブ・シンベル神殿

  2. ニョコロ=コバ国立公園

    ニョコロ=コバ国立公園

  3. ティパサ

    ティパサ

  1. ロベン島

    ロベン島

  2. スース

    スース

  3. ベニ・ハンマードの城塞

    ベニ・ハンマードの城塞

  1. トゥルカナ湖国立公園群

    トゥルカナ湖国立公園群

  2. メクネス

    メクネス

  3. ニンバ山厳正自然保護区

    ニンバ山厳正自然保護区

  1. ヴィクトリアの滝

    ヴィクトリアの滝

  2. トゥウェイフルフォンテーン

    トゥウェイフルフォンテーン

  3. バン・ダルガン国立公園

    バン・ダルガン国立公園

  1. ブウィンディ原生国立公園

    ブウィンディ原生国立公園

  2. ドゥッガ

    ドゥッガ

  3. オカバンゴ・デルタ

    オカバンゴ・デルタ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る