イシュケル湖

イシュケル湖

イシュケル湖(アラビア語: بحيرة اشكل、fr:Lac Ichkeul、en:Ichkeul lake)は、チュニジア北部の地中海の海岸の近くの湖である。 イシュケル国立公園の湖と湿地は、毎年何十万もの渡り鳥が訪れる重要な中継地である。 この湖には、あひる、ガチョウ、コウノトリ、フラミンゴなどが訪れる。 公園は1980年以来、ユネスコの世界遺産リストに載っている。 さらに、1996年から2006年まで、公園は、危機遺産リストにも載っていた。 湖の水源である川へのダムの構築は、湖と湿地の生態的均衡に大変化をもたらした。

ダムが湖と沼への真水の流入を急激に減少させたので、ヨシ、スゲ、その他の真水植物類は好塩性の植物に置き換わった。これらの変化は、かつて存在した植物群に依存していた渡り鳥の個体数の急激な減少をもたらした。

ユネスコのウェブサイトによれば、チュニジアの政府は、真水を保持し塩分を減らすためのステップを試みたが、国際自然保護連合は、いくつかの報告書で、塩分が既に極端に高くなっており回復の可能性が急速に失われているかもしれないと示唆している。

概要
イシュケル湖(アラビア語: بحيرة اشكل、fr:Lac Ichkeul、en:Ichkeul lake)は、チュニジア北部の地中海の海岸の近くの湖である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ロペ=オカンダ

    ロペ=オカンダ

  2. バンディアガラの断崖

    バンディアガラの断崖

  3. マナ・プールズ

    マナ・プールズ

  1. フィンボス

    フィンボス

  2. ケルアン

    ケルアン

  3. ドゥッガ

    ドゥッガ

  1. ティムガッド

    ティムガッド

  2. アスキアの墓

    アスキアの墓

  3. リフタスフェルト

    リフタスフェルト

  1. モザンビーク島

    モザンビーク島

  2. マプングブエ

    マプングブエ

  3. ベニ・ハンマードの城塞

    ベニ・ハンマードの城塞

  1. トゥウェイフルフォンテーン

    トゥウェイフルフォンテーン

  2. ラリベラの岩窟教会群

    ラリベラの岩窟教会群

  3. ブウィンディ原生国立公園

    ブウィンディ原生国立公園

  1. テトゥアン

    テトゥアン

  2. ンゴロンゴロ保全地域

    ンゴロンゴロ保全地域

  3. バサリ地方

    バサリ地方

  1. アブ・シンベル神殿

    アブ・シンベル神殿

  2. ニョコロ=コバ国立公園

    ニョコロ=コバ国立公園

  3. マトボ

    マトボ

  1. W国立公園

    W国立公園

  2. マラケシュ

    マラケシュ

  3. レプティス・マグナ

    レプティス・マグナ

  1. ティパサ

    ティパサ

  2. マラウイ湖国立公園

    マラウイ湖国立公園

  3. ツォディロ

    ツォディロ

  1. ルウェンゾリ山地国立公園

    ルウェンゾリ山地国立公園

  2. ワディ・アル・ヒタン

    ワディ・アル・ヒタン

  3. ル・モーン・ブラバン

    ル・モーン・ブラバン

  1. メンフィスとその墓地遺跡

    メンフィスとその墓地遺跡

  2. フィラエ神殿

    フィラエ神殿

  3. テネレ

    テネレ

  1. ティヤ

    ティヤ

  2. ハラール (エチオピア)

    ハラール (エチオピア)

  3. トゥルカナ湖国立公園群

    トゥルカナ湖国立公園群

  1. ファジル・ゲビ

    ファジル・ゲビ

  2. メロエ

    メロエ

  3. ヴィクトリアの滝

    ヴィクトリアの滝

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る