ヴァレ・ド・メ自然保護区

ヴァレ・ド・メ自然保護区

ヴァレ・ド・メ渓谷自然保護区は、セーシェルの島々の中で2番目の大きさを持つプララン島(Praslin, プラスリン島)にある自然保護区。世界最大のヤシの実をつける、30mの高さに成長するココ・デ・メール(フタゴヤシ)が群生する原生林が残っており、珍しい動植物が息づいている。1983年にユネスコの世界遺産に登録された。なお、ヴァレ・ド・メは「巨人の谷」の意味であり、「メ渓谷」「メイ渓谷」とも表記される(後者はフランス語読みとしては不適切である)。

ヴァレ・ド・メには、フタゴヤシが4000 – 5000本自生しており、これは全世界の生育数のおよそ四分の一にあたっている。フタゴヤシの実は直径55cm、重さ20kgにまで成長するが、女性の下腹部に似たその独特の形状から、古来様々な俗説を生み出してきた。現在、この保護区内でこれを採取することは禁止されているが、不正な採取があとを絶たない。
このほか4種類のヤシと28種の植物が固有種である。鳥類ではブラックパロット、セイシェルキアシヒヨドリ、セイシェルルリバトが生息する。また、カメレオンやアシナシヤモリも生息している。
この島特有の美しさは、イギリスの詩人アトール・トーマスが、『忘れられた楽園』のなかで賞賛している。

概要
ヴァレ・ド・メ渓谷自然保護区は、セーシェルの島々の中で2番目の大きさを持つプララン島(Praslin, プラスリン島)にある自然保護区。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. アブ・シンベル神殿

    アブ・シンベル神殿

  2. ツォディロ

    ツォディロ

  3. アスキアの墓

    アスキアの墓

  1. ロロペニの遺跡群

    ロロペニの遺跡群

  2. マナ・プールズ

    マナ・プールズ

  3. 南アフリカの人類化石遺跡群

    南アフリカの人類化石遺跡群

  1. レプティス・マグナ

    レプティス・マグナ

  2. リフタスフェルト

    リフタスフェルト

  3. ンゴロンゴロ保全地域

    ンゴロンゴロ保全地域

  1. モザンビーク島

    モザンビーク島

  2. ムザブ

    ムザブ

  3. トンブクトゥ

    トンブクトゥ

  1. マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

    マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

  2. マプングブエ

    マプングブエ

  3. バン・ダルガン国立公園

    バン・ダルガン国立公園

  1. ル・モーン・ブラバン

    ル・モーン・ブラバン

  2. アガデス

    アガデス

  3. トゥウェイフルフォンテーン

    トゥウェイフルフォンテーン

  1. ドゥッガ

    ドゥッガ

  2. フィラエ神殿

    フィラエ神殿

  3. フィンボス

    フィンボス

  1. チョンゴニの岩絵地域

    チョンゴニの岩絵地域

  2. スース

    スース

  3. ルウェンゾリ山地国立公園

    ルウェンゾリ山地国立公園

  1. マトボ

    マトボ

  2. メロエ

    メロエ

  3. マラウイ湖国立公園

    マラウイ湖国立公園

  1. テネレ

    テネレ

  2. ヌビア遺跡

    ヌビア遺跡

  3. テーベ

    テーベ

  1. ラム (ケニア)

    ラム (ケニア)

  2. ベニ・ハンマードの城塞

    ベニ・ハンマードの城塞

  3. テトゥアン

    テトゥアン

  1. メクネス

    メクネス

  2. ティパサ

    ティパサ

  3. メンフィス (エジプト)

    メンフィス (エジプト)

  1. マラケシュ

    マラケシュ

  2. 泥のモスク

    泥のモスク

  3. ナミブ砂漠

    ナミブ砂漠

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る