ウニアンガ湖群

ウニアンガ湖群

ウニアンガ湖群(ウニアンガこぐん、Lacs d’Ounianga)は、チャド北東部のサハラ砂漠にある18の湖の総称で、ティベスティ山地西部からエネディ地方(英語版)東部にかけての盆地に位置する。2012年にUNESCOの世界遺産リストに登録された。チャドでは初の世界遺産である。

年降水量が2 mm以下の灼熱の砂漠地帯に位置する湖は、大きさ、深さ、成分組成、色彩などがまちまちである。18の湖は近傍の村々の名前をもとに、以下のように分類される。

ウニアンガ・ケビル群 (Ounianga Kébir) : 「大ウニアンガ」の意味で、最大のヨアン湖 (Lac Yoan) をはじめ、ユマ湖 (Lac Uma)、ミオジ湖 (Lac Mioji)、フォロドヌ湖 (Lac Forodone) の計4つの湖から構成されている。総面積は7056 haである。

ウニアンガ・セリル群 (Ounianga Sérir) : 「小ウニアンガ」の意味で、最大のテリ湖をはじめ、ブク湖 (Lac Boukou)、ブドラン湖 (Lac Bedrin)、ジャラ湖 (Lac Djara)、アグタ湖 (Lac Agouta)、オグ湖 (Lac Hogou)、エダン湖 (Lac Edem)、アルジュー湖 (Lac Ardjou) など計14の湖で構成される[4]。総面積は5108 ha である[3]。

概要
ウニアンガ湖群(ウニアンガこぐん、Lacs d'Ounianga)は、チャド北東部のサハラ砂漠にある18の湖の総称で、ティベスティ山地西部からエネディ地方(英語版)東部にかけての盆地に位置する。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ファジル・ゲビ

    ファジル・ゲビ

  2. テトゥアン

    テトゥアン

  3. 泥のモスク

    泥のモスク

  1. ヌビア遺跡

    ヌビア遺跡

  2. マプングブエ

    マプングブエ

  3. バンディアガラの断崖

    バンディアガラの断崖

  1. ル・モーン・ブラバン

    ル・モーン・ブラバン

  2. ニンバ山厳正自然保護区

    ニンバ山厳正自然保護区

  3. メンフィスとその墓地遺跡

    メンフィスとその墓地遺跡

  1. オカバンゴ・デルタ

    オカバンゴ・デルタ

  2. アガデス

    アガデス

  3. トゥウェイフルフォンテーン

    トゥウェイフルフォンテーン

  1. ンゴロンゴロ保全地域

    ンゴロンゴロ保全地域

  2. マナ・プールズ

    マナ・プールズ

  3. ロベン島

    ロベン島

  1. 南アフリカの人類化石遺跡群

    南アフリカの人類化石遺跡群

  2. マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

    マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

  3. ナミブ砂漠

    ナミブ砂漠

  1. フェズ

    フェズ

  2. モザンビーク島

    モザンビーク島

  3. チョンゴニの岩絵地域

    チョンゴニの岩絵地域

  1. ラリベラの岩窟教会群

    ラリベラの岩窟教会群

  2. マラウイ湖国立公園

    マラウイ湖国立公園

  3. ティパサ

    ティパサ

  1. アスキアの墓

    アスキアの墓

  2. トンブクトゥ

    トンブクトゥ

  3. ヴィクトリアの滝

    ヴィクトリアの滝

  1. バサリ地方

    バサリ地方

  2. テーベ

    テーベ

  3. ロロペニの遺跡群

    ロロペニの遺跡群

  1. マラケシュ

    マラケシュ

  2. ティヤ

    ティヤ

  3. フレデフォート・ドーム

    フレデフォート・ドーム

  1. リフタスフェルト

    リフタスフェルト

  2. メンフィス (エジプト)

    メンフィス (エジプト)

  3. バン・ダルガン国立公園

    バン・ダルガン国立公園

  1. メロエ

    メロエ

  2. フィンボス

    フィンボス

  3. マトボ

    マトボ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る