アイル・テネレ自然保護区

アイル・テネレ自然保護区

アイル・テネレ自然保護区は、ニジェールにある自然保護区で、その名の通りアイル山地とテネレ(テネレとは現地の言葉で「何もない土地」)を対象としている。約13000km2の厳正自然保護区を含む総面積77000km2は、アフリカに数ある自然保護区の中でも最大を誇る。

降水量の少ないこの一帯には、荒涼とした景観が広がっている。砂漠の中心にそびえるアイル山には乾季でも絶えない水源があり、少なくとも350種の植物、160種の鳥類、18種の爬虫類、40種の哺乳類が確認されている。その中にはパタスモンキー、ダマガゼル、ムフロンなど、この地域の固有種や絶滅危惧種なども含まれている。

1988年に自然保護区に指定された際、政府はこの地での狩猟、伐採、さらには商品の輸出を一切禁止した。元々この地に住んでいたトゥアレグ族の反発が強くなったことから、更なる保護のために1991年にユネスコの世界遺産に登録された。しかし、かえって反発が激化し内戦に発展したため、翌年には危機遺産に登録された。

概要
アイル・テネレ自然保護区は、ニジェールにある自然保護区で、その名の通りアイル山地とテネレ(テネレとは現地の言葉で「何もない土地」)を対象としている。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. メロエ

    メロエ

  2. マナ・プールズ

    マナ・プールズ

  3. 南アフリカの人類化石遺跡群

    南アフリカの人類化石遺跡群

  1. トゥルカナ湖国立公園群

    トゥルカナ湖国立公園群

  2. オカバンゴ・デルタ

    オカバンゴ・デルタ

  3. バサリ地方

    バサリ地方

  1. トゥウェイフルフォンテーン

    トゥウェイフルフォンテーン

  2. ワディ・アル・ヒタン

    ワディ・アル・ヒタン

  3. ケルアン

    ケルアン

  1. メンフィスとその墓地遺跡

    メンフィスとその墓地遺跡

  2. ドゥッガ

    ドゥッガ

  3. ロペ=オカンダ

    ロペ=オカンダ

  1. ニョコロ=コバ国立公園

    ニョコロ=コバ国立公園

  2. テトゥアン

    テトゥアン

  3. ナミブ砂漠

    ナミブ砂漠

  1. ヌビア遺跡

    ヌビア遺跡

  2. メンフィス (エジプト)

    メンフィス (エジプト)

  3. 泥のモスク

    泥のモスク

  1. ラリベラの岩窟教会群

    ラリベラの岩窟教会群

  2. ティパサ

    ティパサ

  3. ルウェンゾリ山地国立公園

    ルウェンゾリ山地国立公園

  1. マロティ=ドラケンスバーグ公園

    マロティ=ドラケンスバーグ公園

  2. ティムガッド

    ティムガッド

  3. ブウィンディ原生国立公園

    ブウィンディ原生国立公園

  1. フィラエ神殿

    フィラエ神殿

  2. フェズ

    フェズ

  3. ベニ・ハンマードの城塞

    ベニ・ハンマードの城塞

  1. ツォディロ

    ツォディロ

  2. テーベ

    テーベ

  3. ンゴロンゴロ保全地域

    ンゴロンゴロ保全地域

  1. スース

    スース

  2. フィンボス

    フィンボス

  3. マトボ

    マトボ

  1. ロベン島

    ロベン島

  2. モザンビーク島

    モザンビーク島

  3. ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

    ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

  1. ロロペニの遺跡群

    ロロペニの遺跡群

  2. ムザブ

    ムザブ

  3. ヴィクトリアの滝

    ヴィクトリアの滝

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る