オシュン=オショグボの聖なる木立

オシュン=オショグボの聖なる木立

オシュン=オショグボの聖なる木立は、ナイジェリア・オシュン州 (Ọṣun) の州都オショグボ (Oṣogbo) にある、ヨルバ人にとって宗教的な意味を持つ原生林。1965年にナイジェリアの史跡になった。後に範囲が拡大され、現在では75haが保護区域に指定され、2005年にはユネスコの世界遺産に登録された。

オシュン州はオシュン川沿いの地域だが、この川の名前は元々豊穣の女神オシュンに由来している。ヨルバ人の神話では、オシュン川はこの女神が姿を変えたものだとされる。この川沿いの原生林には女神オシュンが棲むとされ、そこに社を建てて祀ることで、人々は恵みを受け取れると信じられていた。

こうした女神オシュンへの信仰は一度衰退に向かい、他の地域では見られなくなっていった。しかし、オショグボの林では、オーストリア人の女性芸術家ズザンネ・ヴェンガー (Suzanne Wenger) や彼女に協力した地元の芸術家たちによって、20世紀半ば以降再興された。現存する40基の社のうち15基は多かれ少なかれヴェンガーの手が加えられたものである。この林では、毎年夏に祭りが開催されている。

世界遺産への登録に当たっては、オシュン川流域で豊かな動物層・植物相を育んでいるこの木立ちと、一体化している数々の社などが、ヨルバ人の持っていた伝統的な世界観を良く示す文化的景観を形成している点や、類似の祭祀場が他ではほとんど見られなくなっている点などが評価された。

概要
オシュン=オショグボの聖なる木立は、ナイジェリア・オシュン州 (Ọṣun) の州都オショグボ (Oṣogbo) にある、ヨルバ人にとって宗教的な意味を持つ原生林。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. マラケシュ

    マラケシュ

  2. チョンゴニの岩絵地域

    チョンゴニの岩絵地域

  3. テトゥアン

    テトゥアン

  1. ル・モーン・ブラバン

    ル・モーン・ブラバン

  2. ハラール (エチオピア)

    ハラール (エチオピア)

  3. ムザブ

    ムザブ

  1. オカバンゴ・デルタ

    オカバンゴ・デルタ

  2. ジーザス要塞

    ジーザス要塞

  3. バサリ地方

    バサリ地方

  1. バン・ダルガン国立公園

    バン・ダルガン国立公園

  2. 南アフリカの人類化石遺跡群

    南アフリカの人類化石遺跡群

  3. メンフィスとその墓地遺跡

    メンフィスとその墓地遺跡

  1. フィラエ神殿

    フィラエ神殿

  2. ヴィクトリアの滝

    ヴィクトリアの滝

  3. マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

    マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

  1. ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

    ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

  2. ロロペニの遺跡群

    ロロペニの遺跡群

  3. フィンボス

    フィンボス

  1. アガデス

    アガデス

  2. マロティ=ドラケンスバーグ公園

    マロティ=ドラケンスバーグ公園

  3. ファジル・ゲビ

    ファジル・ゲビ

  1. ベニ・ハンマードの城塞

    ベニ・ハンマードの城塞

  2. マプングブエ

    マプングブエ

  3. ケルアン

    ケルアン

  1. マナ・プールズ

    マナ・プールズ

  2. ワディ・アル・ヒタン

    ワディ・アル・ヒタン

  3. トゥルカナ湖国立公園群

    トゥルカナ湖国立公園群

  1. 泥のモスク

    泥のモスク

  2. W国立公園

    W国立公園

  3. バンディアガラの断崖

    バンディアガラの断崖

  1. ンゴロンゴロ保全地域

    ンゴロンゴロ保全地域

  2. ロペ=オカンダ

    ロペ=オカンダ

  3. メロエ

    メロエ

  1. ナミブ砂漠

    ナミブ砂漠

  2. メンフィス (エジプト)

    メンフィス (エジプト)

  3. ヌビア遺跡

    ヌビア遺跡

  1. リフタスフェルト

    リフタスフェルト

  2. テーベ

    テーベ

  3. ティヤ

    ティヤ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る