オモ川下流域

オモ川下流域

「オモ川下流域」は、エチオピアにあるユネスコ世界遺産のひとつ。エチオピア南西部にあたるこの地域からは、数百万年単位に及ぶ多くの種類の化石人骨が出土しており、そのことが登録理由となった。また、ここからはホモ・ハビリスが使用した約250万年前に遡る最古の打製石器も発見されている。

1930年代にフランスの調査隊が発掘調査を行ったのが、この流域での最初の調査である。その後、数度にわたって発掘が行われた結果、アウストラロピテクス・エチオピクス、アウストラロピテクス・アファレンシス、アウストラロピテクス・アフリカヌス、アウストラロピテクス・ロブストゥス、アウストラロピテクス・ボイセイ、ホモ・ハビリス、ホモ・エレクトゥス、ホモ・サピエンスなど、現生人類に直結するものだけでなく、枝分かれして絶滅したものも含め、様々な時代の様々な化石人骨が多数出土し、古人類学の研究上、極めて重要な一帯となっている。

概要
「オモ川下流域」は、エチオピアにあるユネスコ世界遺産のひとつ。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

    ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

  2. バサリ地方

    バサリ地方

  3. ル・モーン・ブラバン

    ル・モーン・ブラバン

  1. ニョコロ=コバ国立公園

    ニョコロ=コバ国立公園

  2. ラリベラの岩窟教会群

    ラリベラの岩窟教会群

  3. マトボ

    マトボ

  1. ドゥッガ

    ドゥッガ

  2. ルウェンゾリ山地国立公園

    ルウェンゾリ山地国立公園

  3. テーベ

    テーベ

  1. テトゥアン

    テトゥアン

  2. メンフィスとその墓地遺跡

    メンフィスとその墓地遺跡

  3. ニンバ山厳正自然保護区

    ニンバ山厳正自然保護区

  1. マナ・プールズ

    マナ・プールズ

  2. フェズ

    フェズ

  3. モザンビーク島

    モザンビーク島

  1. メクネス

    メクネス

  2. ムザブ

    ムザブ

  3. メンフィス (エジプト)

    メンフィス (エジプト)

  1. アブ・シンベル神殿

    アブ・シンベル神殿

  2. フレデフォート・ドーム

    フレデフォート・ドーム

  3. ブウィンディ原生国立公園

    ブウィンディ原生国立公園

  1. テネレ

    テネレ

  2. ナミブ砂漠

    ナミブ砂漠

  3. メロエ

    メロエ

  1. ロロペニの遺跡群

    ロロペニの遺跡群

  2. 南アフリカの人類化石遺跡群

    南アフリカの人類化石遺跡群

  3. レプティス・マグナ

    レプティス・マグナ

  1. リフタスフェルト

    リフタスフェルト

  2. マラウイ湖国立公園

    マラウイ湖国立公園

  3. フィンボス

    フィンボス

  1. マプングブエ

    マプングブエ

  2. マロティ=ドラケンスバーグ公園

    マロティ=ドラケンスバーグ公園

  3. ハラール (エチオピア)

    ハラール (エチオピア)

  1. アガデス

    アガデス

  2. アスキアの墓

    アスキアの墓

  3. バンディアガラの断崖

    バンディアガラの断崖

  1. ロペ=オカンダ

    ロペ=オカンダ

  2. ケルアン

    ケルアン

  3. ラム (ケニア)

    ラム (ケニア)

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る