カミ遺跡群

カミ遺跡群

カミ遺跡群(カミいせきぐん、Khami Ruins National Monument)は、ジンバブエの標高1000mのジンバブェ高原の西部、ブラワヨ近郊にある石造遺跡群。カミ遺跡群国立記念物とも。

15世紀中葉にトルワ王国の首都となり、15世紀中葉から17世紀頃まで機能していた。建造物は、花崗岩を直方体に切り出して交互に積み重ねている。建物の壁の上部には、チェッカー板のように空間を開けたり、色の異なる石材を用いて装飾にしている。

遺跡が街として繁栄した時期は、放射性炭素年代測定と出土品から推察された。中国産の青磁や白磁、ポルトガル、ドイツ、北アフリカ産の陶磁器、17世紀にポルトガルで焼かれた中国産陶磁器の模倣品、スペイン産の皿が確認されている。石造建築、金製品や銀製品は、グレート・ジンバブエのものよりも加工技術が発展している様子がうかがわれた。

1986年、世界遺産(文化遺産)に登録された。

概要
カミ遺跡群(カミいせきぐん、Khami Ruins National Monument)は、ジンバブエの標高1000mのジンバブェ高原の西部、ブラワヨ近郊にある石造遺跡群。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ファジル・ゲビ

    ファジル・ゲビ

  2. メロエ

    メロエ

  3. ティパサ

    ティパサ

  1. バサリ地方

    バサリ地方

  2. ロペ=オカンダ

    ロペ=オカンダ

  3. ロロペニの遺跡群

    ロロペニの遺跡群

  1. ワディ・アル・ヒタン

    ワディ・アル・ヒタン

  2. バンディアガラの断崖

    バンディアガラの断崖

  3. フィンボス

    フィンボス

  1. テトゥアン

    テトゥアン

  2. メンフィスとその墓地遺跡

    メンフィスとその墓地遺跡

  3. スース

    スース

  1. 泥のモスク

    泥のモスク

  2. ンゴロンゴロ保全地域

    ンゴロンゴロ保全地域

  3. ル・モーン・ブラバン

    ル・モーン・ブラバン

  1. レプティス・マグナ

    レプティス・マグナ

  2. バン・ダルガン国立公園

    バン・ダルガン国立公園

  3. ハラール (エチオピア)

    ハラール (エチオピア)

  1. テーベ

    テーベ

  2. トンブクトゥ

    トンブクトゥ

  3. ナミブ砂漠

    ナミブ砂漠

  1. ケルアン

    ケルアン

  2. チョンゴニの岩絵地域

    チョンゴニの岩絵地域

  3. メンフィス (エジプト)

    メンフィス (エジプト)

  1. ルウェンゾリ山地国立公園

    ルウェンゾリ山地国立公園

  2. ニョコロ=コバ国立公園

    ニョコロ=コバ国立公園

  3. マプングブエ

    マプングブエ

  1. アスキアの墓

    アスキアの墓

  2. ドゥッガ

    ドゥッガ

  3. ジーザス要塞

    ジーザス要塞

  1. フェズ

    フェズ

  2. 南アフリカの人類化石遺跡群

    南アフリカの人類化石遺跡群

  3. ラム (ケニア)

    ラム (ケニア)

  1. テネレ

    テネレ

  2. メクネス

    メクネス

  3. ヴィクトリアの滝

    ヴィクトリアの滝

  1. フィラエ神殿

    フィラエ神殿

  2. ヌビア遺跡

    ヌビア遺跡

  3. ロベン島

    ロベン島

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る