グレート・ジンバブエ遺跡

グレート・ジンバブエ遺跡

グレート・ジンバブエ遺跡(Great Zimbabwe)は、ジンバブエ共和国の首都ハラレから南方300kmのジンバブエ高原の南端、サビ川の上流の標高約1000mに位置する大規模な石造建築遺跡の名称である。ジンバブエとは、ショナ語で、首長、王の宮廷の意味を含んだ「石の家」という一般語であるため、特定して最も大規模で著名なこの遺跡を指すときは、語頭に「グレート」を付けるのが慣例となっている。

最近の研究の進展にともない遺跡を築いたと想定されるショナ族の国家の通名として「グレート・ジンバブエ」の名称を用いるようになってきた。推定面積は、周囲の集落を含めると東西1.5km、南北1.5kmの約2km²に及ぶと考えられる。

遺跡の中心部にある石造建築物群は、50世帯近くに及ぶジンバブエの王ないし首長の一族のために築かれたもので、直方体の花崗岩のブロックを積み上げた円ないし楕円形の建物の組み合わせであって、個々にエンクロージャー(囲壁)と呼ばれている。石造建築エンクロージャー群は、おおきく三つに分けられ、北側に通称「アクロポリス」、又は「丘上廃墟」と呼ばれる建造物群、その南方に広がる「谷の遺跡」、そして最も有名な「大囲壁」(グレートエンクロージャー)に分けられる。1986年に下記の登録基準を満たす世界遺産として登録された。

概要
グレート・ジンバブエ遺跡(Great Zimbabwe)は、ジンバブエ共和国の首都ハラレから南方300kmのジンバブエ高原の南端、サビ川の上流の標高約1000mに位置する大規模な石造建築遺跡の名称である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ル・モーン・ブラバン

    ル・モーン・ブラバン

  2. レプティス・マグナ

    レプティス・マグナ

  3. ニンバ山厳正自然保護区

    ニンバ山厳正自然保護区

  1. ロロペニの遺跡群

    ロロペニの遺跡群

  2. フェズ

    フェズ

  3. メンフィス (エジプト)

    メンフィス (エジプト)

  1. マナ・プールズ

    マナ・プールズ

  2. スース

    スース

  3. バンディアガラの断崖

    バンディアガラの断崖

  1. フィンボス

    フィンボス

  2. メクネス

    メクネス

  3. メンフィスとその墓地遺跡

    メンフィスとその墓地遺跡

  1. トゥルカナ湖国立公園群

    トゥルカナ湖国立公園群

  2. ティパサ

    ティパサ

  3. ファジル・ゲビ

    ファジル・ゲビ

  1. ムザブ

    ムザブ

  2. バン・ダルガン国立公園

    バン・ダルガン国立公園

  3. ケルアン

    ケルアン

  1. テネレ

    テネレ

  2. ブウィンディ原生国立公園

    ブウィンディ原生国立公園

  3. モザンビーク島

    モザンビーク島

  1. 泥のモスク

    泥のモスク

  2. マラウイ湖国立公園

    マラウイ湖国立公園

  3. リフタスフェルト

    リフタスフェルト

  1. ティムガッド

    ティムガッド

  2. マトボ

    マトボ

  3. バサリ地方

    バサリ地方

  1. ティヤ

    ティヤ

  2. マラケシュ

    マラケシュ

  3. ロベン島

    ロベン島

  1. ヌビア遺跡

    ヌビア遺跡

  2. チョンゴニの岩絵地域

    チョンゴニの岩絵地域

  3. オカバンゴ・デルタ

    オカバンゴ・デルタ

  1. ワディ・アル・ヒタン

    ワディ・アル・ヒタン

  2. ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

    ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

  3. トンブクトゥ

    トンブクトゥ

  1. ベニ・ハンマードの城塞

    ベニ・ハンマードの城塞

  2. テトゥアン

    テトゥアン

  3. トゥウェイフルフォンテーン

    トゥウェイフルフォンテーン

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る