ゲベル・バルカル

ゲベル・バルカル

ゲベル・バルカルは、スーダン北部にある高さ98mの小山。ハルツームの約400km北にあたり、ナイル川の屈曲部沿いにある。

紀元前1450年前後に、エジプトのファラオ、トトメス3世がこの地方まで領土を拡げた時には、ゲベル・バルカルを南限とした。そこに彼は都市ナパタ(英語版)を建設したが、300年ほど後に、ナパタがクシュのエジプト第25王朝の首都となった。

ゲベル・バルカル周辺の遺跡には、少なくとも13の神殿と3つの宮殿が含まれる。それは1820年代の探検家の記録でヨーロッパにも知られていたが、本格的な発掘調査はジョージ・レイスナーの登場を待つ必要があった。彼は1916年からハーバード大学とボストン美術館の共同発掘隊のもとで調査に当たった。1970年代には、セルジョ・ドナドーニを責任者とするローマ大学 (Università degli Studi di Roma “La Sapienza”) の調査隊が発掘を行い、80年代にはそこにティモシー・ケンドールを長とするボストン美術館の調査隊が合流した。

概要
ゲベル・バルカルは、スーダン北部にある高さ98mの小山。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ロペ=オカンダ

    ロペ=オカンダ

  2. フェズ

    フェズ

  3. ケルアン

    ケルアン

  1. バンディアガラの断崖

    バンディアガラの断崖

  2. フレデフォート・ドーム

    フレデフォート・ドーム

  3. アブ・シンベル神殿

    アブ・シンベル神殿

  1. ナミブ砂漠

    ナミブ砂漠

  2. アスキアの墓

    アスキアの墓

  3. W国立公園

    W国立公園

  1. 泥のモスク

    泥のモスク

  2. ツォディロ

    ツォディロ

  3. トンブクトゥ

    トンブクトゥ

  1. メロエ

    メロエ

  2. リフタスフェルト

    リフタスフェルト

  3. メンフィスとその墓地遺跡

    メンフィスとその墓地遺跡

  1. レプティス・マグナ

    レプティス・マグナ

  2. バサリ地方

    バサリ地方

  3. ヌビア遺跡

    ヌビア遺跡

  1. テーベ

    テーベ

  2. ブウィンディ原生国立公園

    ブウィンディ原生国立公園

  3. ラリベラの岩窟教会群

    ラリベラの岩窟教会群

  1. ニョコロ=コバ国立公園

    ニョコロ=コバ国立公園

  2. テネレ

    テネレ

  3. チョンゴニの岩絵地域

    チョンゴニの岩絵地域

  1. トゥウェイフルフォンテーン

    トゥウェイフルフォンテーン

  2. マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

    マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

  3. バン・ダルガン国立公園

    バン・ダルガン国立公園

  1. ティムガッド

    ティムガッド

  2. ドゥッガ

    ドゥッガ

  3. ベニ・ハンマードの城塞

    ベニ・ハンマードの城塞

  1. ロベン島

    ロベン島

  2. テトゥアン

    テトゥアン

  3. マプングブエ

    マプングブエ

  1. ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

    ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

  2. メクネス

    メクネス

  3. フィラエ神殿

    フィラエ神殿

  1. オカバンゴ・デルタ

    オカバンゴ・デルタ

  2. メンフィス (エジプト)

    メンフィス (エジプト)

  3. ファジル・ゲビ

    ファジル・ゲビ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る