ケルクアン

ケルクアン

ケルクアンは、北東チュニジアのボン岬の近くにあったカルタゴの都市である。このフェニキア人(カルタゴ人)の都市は、第一次ポエニ戦争(紀元前264年 – 紀元前241年)の間に放棄されたと見られており、ローマ人によって再建されなかった。この街は、ほぼ400年間存在した。

一部分が破壊されるにとどまったことで、あまり一般には知られていないものの、ケルクアンは古代カルタゴの最良の遺跡になった。発掘の結果、この遺跡が、紀元前4世紀から紀元前3世紀のものであることが明らかになっている。

建物の配置がはっきり分かる遺跡のここかしこに多くの家の壁が残されている。またファサード上の有色の粘土も数々残っている。個々の家は、緻密な都市計画に基づいて標準化されている。

聖壇には柱列が設けられており、また、小さな中庭にはモザイクが見られる。単純なモザイクの縁石、ドアステップ、敷居、床は、至る所にある。現在も、考古学者はケルクアンの発掘を行っている。しかし、最良の部分はすでに発掘済であると考えられている。

ケルクアンは、カルタゴ、ハドルメトゥム(Hadrumetum、現代のスース)およびウティカ(Utica)と共に、最も重要なフェニキア人の都市のうちの1つであった。

概要
ケルクアンは、北東チュニジアのボン岬の近くにあったカルタゴの都市である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. マラケシュ

    マラケシュ

  2. ツォディロ

    ツォディロ

  3. ロペ=オカンダ

    ロペ=オカンダ

  1. 泥のモスク

    泥のモスク

  2. アスキアの墓

    アスキアの墓

  3. W国立公園

    W国立公園

  1. ンゴロンゴロ保全地域

    ンゴロンゴロ保全地域

  2. フィンボス

    フィンボス

  3. ルウェンゾリ山地国立公園

    ルウェンゾリ山地国立公園

  1. ロロペニの遺跡群

    ロロペニの遺跡群

  2. スース

    スース

  3. リフタスフェルト

    リフタスフェルト

  1. ファジル・ゲビ

    ファジル・ゲビ

  2. アガデス

    アガデス

  3. メクネス

    メクネス

  1. レプティス・マグナ

    レプティス・マグナ

  2. マロティ=ドラケンスバーグ公園

    マロティ=ドラケンスバーグ公園

  3. バンディアガラの断崖

    バンディアガラの断崖

  1. フィラエ神殿

    フィラエ神殿

  2. ロベン島

    ロベン島

  3. ラリベラの岩窟教会群

    ラリベラの岩窟教会群

  1. マトボ

    マトボ

  2. ケルアン

    ケルアン

  3. テネレ

    テネレ

  1. テーベ

    テーベ

  2. ラム (ケニア)

    ラム (ケニア)

  3. ベニ・ハンマードの城塞

    ベニ・ハンマードの城塞

  1. トゥルカナ湖国立公園群

    トゥルカナ湖国立公園群

  2. メンフィスとその墓地遺跡

    メンフィスとその墓地遺跡

  3. チョンゴニの岩絵地域

    チョンゴニの岩絵地域

  1. ヴィクトリアの滝

    ヴィクトリアの滝

  2. マラウイ湖国立公園

    マラウイ湖国立公園

  3. ワディ・アル・ヒタン

    ワディ・アル・ヒタン

  1. メロエ

    メロエ

  2. ナミブ砂漠

    ナミブ砂漠

  3. ドゥッガ

    ドゥッガ

  1. オカバンゴ・デルタ

    オカバンゴ・デルタ

  2. マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

    マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

  3. メンフィス (エジプト)

    メンフィス (エジプト)

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る