イグアス国立公園 (アルゼンチン)

イグアス国立公園 (アルゼンチン)

アルゼンチンのイグアス国立公園は、1934年に設定された国立公園。ミシオネス州北部のイグアス県にある。その名の通り、アルゼンチン最大級の自然美を誇るイグアスの滝と周辺の亜熱帯の密林を対象とする。イグアス川の対岸には、ブラジルのイグアス国立公園が存在し、ともに世界遺産に登録されている。

公園の動物相には絶滅危惧種も含まれ、オセロット、ジャガー、アメリカバク、アリクイ類、森林性の猛禽類、オオハシ類、ホウカンチョウ科、 クチビロカイマン、ハナグマ類(ハナグマ属、ヤマハナグマ属)や、多岐にわたる蝶などが生息している。
イグアス川は、1320km流れてイグアスの滝から23km下流でパラナ川に合流する。公園内での最大幅は1500mで、最初に南へ曲がったあと北へ曲がり、大きなU字型を描いている。土手に沿って花がアルゼンチンの国花にもなっているアメリカデイゴを含む木々が密生している。

公園内の植物相はノウゼンカズラ科のラパチョ・アマリリョや40メートルの高さになるキョウチクトウ科のパロ・ロサ、パルメットヤシなどが特徴的である。

公園に指定されている地域は既に一万年以上前から狩りや牧畜を行う人が住んでいた。彼らは新たな農業技術を持っていたグアラニー人に1000年ごろに逐われたが、そのグアラニーもまた16世紀にはスペイン人やポルトガル人に逐われた。とはいえ、イグアス(グアラニー語で「大きな水」)の名は、彼らの遺産であるといえる。この地を最初に訪れたヨーロッパ人はアルバル・ヌニェス・カベサ・デ・バカであり、1542年のことであった。1609年にはイエズス会の宣教師たちが続いた。

概要
アルゼンチンのイグアス国立公園は、1934年に設定された国立公園。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ハンバーストーンとサンタ・ラウラの硝石工場群

    ハンバーストーンとサンタ・ラウラの硝石工場群

  2. イースター島

    イースター島

  3. バルパライソ

    バルパライソ

  1. ワスカラン国立公園

    ワスカラン国立公園

  2. マルペロ島

    マルペロ島

  3. ロス・カティオス国立公園

    ロス・カティオス国立公園

  1. ティエラデントロ

    ティエラデントロ

  2. リマ

    リマ

  3. チャビン・デ・ワンタル

    チャビン・デ・ワンタル

  1. ロス・グラシアレス

    ロス・グラシアレス

  2. スクレ (ボリビア)

    スクレ (ボリビア)

  3. マチュ・ピチュの歴史保護区

    マチュ・ピチュの歴史保護区

  1. チャン・チャン

    チャン・チャン

  2. 大西洋岸森林南東部の保護区群

    大西洋岸森林南東部の保護区群

  3. ラパ・ヌイ国立公園

    ラパ・ヌイ国立公園

  1. ティワナク

    ティワナク

  2. パラマリボ市街歴史地区

    パラマリボ市街歴史地区

  3. モアイ

    モアイ

  1. チロエの教会群

    チロエの教会群

  2. ノエル・ケンプ・メルカード国立公園

    ノエル・ケンプ・メルカード国立公園

  3. ナスカの地上絵

    ナスカの地上絵

  1. エマス国立公園

    エマス国立公園

  2. リオ・アビセオ国立公園

    リオ・アビセオ国立公園

  3. スウェル

    スウェル

  1. ディアマンティーナ

    ディアマンティーナ

  2. セラ・ダ・カピバラ国立公園

    セラ・ダ・カピバラ国立公園

  3. バルデス半島

    バルデス半島

  1. ラ・サンティシマ・トリニダー・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道所群

    ラ・サンティシマ・トリニダー・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道所群

  2. ヴェアデイロス平原国立公園

    ヴェアデイロス平原国立公園

  3. 中央スリナム自然保護区

    中央スリナム自然保護区

  1. ポトシ

    ポトシ

  2. パンタナル

    パンタナル

  3. マヌー国立公園

    マヌー国立公園

  1. ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート

    ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート

  2. ボリビアのイエズス会伝道所

    ボリビアのイエズス会伝道所

  3. ブラジリア

    ブラジリア

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る