コブスタン国立保護区

コブスタン国立保護区

コブスタン国立保護区は、アゼルバイジャン・コブスタン(Qobustan)の西部にある1966年に設定された保護区。この年に、アゼルバイジャンは、この地の古代の彫刻物群や泥火山を守るために、国定史跡に設定したのである。首都バクー中心部からは40マイル南西にある。2007年にユネスコの世界遺産に登録された(登録名は「コブスタンの岩絵の文化的景観」)。

コブスタン国立保護区は考古学的な記念碑類が多く残っており、岩絵は60万点を超えている。岩絵に描かれているのは、太古の人類や動物、戦い、宗教的な舞踏、闘牛、武装した漕ぎ手の乗る小舟、槍を携えた戦士、ラクダの隊商、太陽や星々など多彩で、平均して5000年から20000年遡ると考えられている[1]。

今日のコブスタンは、アゼルバイジャンで一番人気のある国立保護区で、この国にとってかけがえのない宝庫になっている。

概要
コブスタン国立保護区は、アゼルバイジャン・コブスタン(Qobustan)の西部にある1966年に設定された保護区。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. 胡朝の城塞

    胡朝の城塞

  2. 河回村

    河回村

  3. シャーラマール庭園

    シャーラマール庭園

  1. 龍門洞窟

    龍門洞窟

  2. 楽山大仏

    楽山大仏

  3. アユタヤ歴史公園

    アユタヤ歴史公園

  1. 宏村

    宏村

  2. 福建土楼

    福建土楼

  3. ペルセポリス

    ペルセポリス

  1. 法隆寺地域の仏教建造物

    法隆寺地域の仏教建造物

  2. シルクロード

    シルクロード

  3. タフテ・ソレイマーン

    タフテ・ソレイマーン

  1. 鹿苑寺

    鹿苑寺

  2. ベヒストゥン碑文

    ベヒストゥン碑文

  3. ブッダガヤの大菩提寺

    ブッダガヤの大菩提寺

  1. 明・清王朝の皇帝墓群

    明・清王朝の皇帝墓群

  2. ボロブドゥール寺院遺跡群

    ボロブドゥール寺院遺跡群

  3. マサダ

    マサダ

  1. メルブ遺跡

    メルブ遺跡

  2. 龍安寺

    龍安寺

  3. アジャンター石窟群

    アジャンター石窟群

  1. ミーソン聖域

    ミーソン聖域

  2. チトワン国立公園

    チトワン国立公園

  3. ペルシャ式庭園

    ペルシャ式庭園

  1. マハーバリプラム

    マハーバリプラム

  2. アーグラ城塞

    アーグラ城塞

  3. 琉球王国のグスク

    琉球王国のグスク

  1. ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟

    ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟

  2. マダイン・サーレハ

    マダイン・サーレハ

  3. モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

    モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

  1. 西逓村

    西逓村

  2. インドの山岳鉄道群

    インドの山岳鉄道群

  3. ペトラ

    ペトラ

  1. ホイアン

    ホイアン

  2. ロレンツ国立公園

    ロレンツ国立公園

  3. マカオ歴史地区

    マカオ歴史地区

  1. タフテ・バヒー

    タフテ・バヒー

  2. ロータス・フォート

    ロータス・フォート

  3. ブハラ

    ブハラ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る