シバーム

シバーム

シバーム(アラビア語:شبام, Shibam)は、イエメン・ハドラマウト地方の都市。人口は約7,000人。かつて、シバームは、ハドラミ人のハドラマウト王国(英語版)(紀元前8世紀 – 3世紀)の首都として数世紀に渡り繁栄した。

シバームが有名なのは、ハドラマウト地方独特の高層住宅建築によっているところが大きく、1982年、ユネスコの世界遺産に登録された。シバームの住宅は全て、泥煉瓦によって構成されており、今日でも、500以上の5階から9階建ての高層建築が残っている。建物間には連絡橋が設けられ、自由に往来ができるようになっている。このような高層住宅が建設されたのは、洪水と遊牧民の襲来から町を守るためであった。

シバームの歴史自体、2000年以上続いているが、現存の市街地に残る高層建築は、ほとんどが16世紀以降に建設されたものである。また、ここ数世紀の間に何度も何度も、破壊と再建を繰り返してきた。2008年10月にはハドラマウト地方を襲った豪雨が原因で洪水が起こり、これが原因で地盤が緩み本遺産にも一部の建物が倒壊するなどの被害が出た。

シバームは、町の高層建築物群から、「最古の高層ビル群」、「砂漠のマンハッタン」と形容される。

概要
シバーム(アラビア語:شبام, Shibam)は、イエメン・ハドラマウト地方の都市。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. サンチ

    サンチ

  2. 楽山大仏

    楽山大仏

  3. 河回村

    河回村

  1. ゴア州

    ゴア州

  2. イチャン・カラ

    イチャン・カラ

  3. ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

    ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

  1. 万里の長城

    万里の長城

  2. ボロブドゥール寺院遺跡群

    ボロブドゥール寺院遺跡群

  3. ベヒストゥン碑文

    ベヒストゥン碑文

  1. ミーソン聖域

    ミーソン聖域

  2. マカオ歴史地区

    マカオ歴史地区

  3. 富岡製糸場と絹産業遺産群

    富岡製糸場と絹産業遺産群

  1. ペルセポリス

    ペルセポリス

  2. マルウィヤ・ミナレット

    マルウィヤ・ミナレット

  3. 龍門洞窟

    龍門洞窟

  1. モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

    モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

  2. ポロンナルワ

    ポロンナルワ

  3. ワディ・ラム

    ワディ・ラム

  1. ゴンバデ・カーブース

    ゴンバデ・カーブース

  2. 廬山

    廬山

  3. インドの山岳鉄道群

    インドの山岳鉄道群

  1. 明・清王朝の皇帝墓群

    明・清王朝の皇帝墓群

  2. アユタヤ歴史公園

    アユタヤ歴史公園

  3. ペトラ

    ペトラ

  1. 屋久島

    屋久島

  2. シャフリサブス

    シャフリサブス

  3. イランのアルメニア人修道院建造物群

    イランのアルメニア人修道院建造物群

  1. 法隆寺地域の仏教建造物

    法隆寺地域の仏教建造物

  2. ルンビニ

    ルンビニ

  3. アッコ

    アッコ

  1. 琉球王国のグスク

    琉球王国のグスク

  2. 輪王寺

    輪王寺

  3. マサダ

    マサダ

  1. ルアン・パバンの町

    ルアン・パバンの町

  2. ロレンツ国立公園

    ロレンツ国立公園

  3. 平遥古城

    平遥古城

  1. 胡朝の城塞

    胡朝の城塞

  2. アーグラ城塞

    アーグラ城塞

  3. メルブ遺跡

    メルブ遺跡

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る