シンハラジャ森林保護区

シンハラジャ森林保護区

シンハラジャ森林保護区(しんはらじゃしんりんほごく)は、スリランカの国立公園の一つである。スリランカのみならず国際的にも重要なもので、1978年にユネスコの生物圏保護区となっただけでなく、1988年に世界遺産リストにも登録された。「シンハラジャ」は「ライオンの王国」を意味する。

スリランカ低地雨林のエコリージョンに属している丘の原生雨林は、その近づきにくさのゆえに商業的理由による伐採を受けつつも、最悪の事態を免れてきた。森林保護区は東西21km、南北は最大でも 7km という小規模なものだが、樹木、昆虫、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類などの固有種の宝庫である。鬱蒼と茂った植生のせいで、野生生物は容易に見つからない。その点で、同じスリランカの国立公園の中でも、乾燥地帯にあるヤーラ国立公園などとは異なるのである。ゾウはおらず、15頭程度のヒョウが稀に目撃されるものの、この保護区で最もありふれた大型哺乳類は、固有種のTrachypithecus vetulusである。

この保護区で興味深いのは、恐れを知らないカザリオウチュウ(英語版)(オウチュウ族)や騒々しいセイロンヤブチメドリ(英語版)(ウグイス科)に率いられて鳥たちが混群(mixed feeding flocks)を作る傾向が見られることである。スリランカに棲息する26種の固有種の鳥のうち、セイロンサンジャク、アカガオバンケンモドキ(英語版)、セイロンバンケン(英語版)といった雨林に棲息する固有20種全てを、この保護区内で見ることができる。

爬虫類の固有種としてはGreen pit viperやHump-nosed Viperがおり、両生類もアマガエルをはじめとして非常に多様である。無脊椎動物も、チョウの固有種やヒルなど、数多く棲息している。

概要
シンハラジャ森林保護区(しんはらじゃしんりんほごく)は、スリランカの国立公園の一つである。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. マサダ

    マサダ

  2. 輪王寺

    輪王寺

  3. ミーソン聖域

    ミーソン聖域

  1. アジャンター石窟群

    アジャンター石窟群

  2. 屋久島

    屋久島

  3. マナス国立公園

    マナス国立公園

  1. シャーラマール庭園

    シャーラマール庭園

  2. 廬山

    廬山

  3. ボロブドゥール寺院遺跡群

    ボロブドゥール寺院遺跡群

  1. アーグラ城塞

    アーグラ城塞

  2. 富岡製糸場と絹産業遺産群

    富岡製糸場と絹産業遺産群

  3. ゴア州

    ゴア州

  1. ラホール城

    ラホール城

  2. タッター

    タッター

  3. メルブ遺跡

    メルブ遺跡

  1. アッコ

    アッコ

  2. 琉球王国のグスク

    琉球王国のグスク

  3. 楽山大仏

    楽山大仏

  1. 福建土楼

    福建土楼

  2. 万里の長城

    万里の長城

  3. モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

    モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

  1. マラッカ海峡

    マラッカ海峡

  2. ベヒストゥン碑文

    ベヒストゥン碑文

  3. シャフリサブス

    シャフリサブス

  1. 河回村

    河回村

  2. マハーバリプラム

    マハーバリプラム

  3. モヘンジョダロ

    モヘンジョダロ

  1. インドの山岳鉄道群

    インドの山岳鉄道群

  2. 北京と瀋陽の明・清王朝皇宮

    北京と瀋陽の明・清王朝皇宮

  3. マダイン・サーレハ

    マダイン・サーレハ

  1. 宏村

    宏村

  2. 龍門洞窟

    龍門洞窟

  3. 屋久島

    屋久島

  1. タフテ・バヒー

    タフテ・バヒー

  2. チトワン国立公園

    チトワン国立公園

  3. 琉球王国のグスク及び関連遺産群

    琉球王国のグスク及び関連遺産群

  1. マカオ歴史地区

    マカオ歴史地区

  2. ポロンナルワ

    ポロンナルワ

  3. イランのアルメニア人修道院建造物群

    イランのアルメニア人修道院建造物群

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る