スリランカの中央高地

スリランカの中央高地

「スリランカの中央高地」は、2010年の第34回世界遺産委員会で登録されたスリランカの世界遺産である。複合遺産として推薦されたが、文化遺産としての顕著な普遍的価値は認められず、自然遺産での登録となった。1988年のシンハラジャ森林保護区以来22年ぶりの、スリランカの自然遺産となった。

この物件を構成しているのは、ピーク・ウィルダーネス保護区(Peak Wilderness Protected Area)、ホートン・プレインズ国立公園(Horton Plains National Park)、 ナックルズ保護森林(Knuckles Conservation Forest)で、それらの熱帯雨林群は標高2500mに達する。

一帯は、カオムラサキラングール(Trachypithecus vetulus monticola)やアカホソロリス(Loris tardigradus nycticeboides)といった、珍しい哺乳類の生息地になっている[5]。

概要
「スリランカの中央高地」は、2010年の第34回世界遺産委員会で登録されたスリランカの世界遺産である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ゴンバデ・カーブース

    ゴンバデ・カーブース

  2. チトワン国立公園

    チトワン国立公園

  3. ロータス・フォート

    ロータス・フォート

  1. ルアン・パバンの町

    ルアン・パバンの町

  2. 琉球王国のグスク及び関連遺産群

    琉球王国のグスク及び関連遺産群

  3. ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟

    ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟

  1. アジャンター石窟群

    アジャンター石窟群

  2. アユタヤ歴史公園

    アユタヤ歴史公園

  3. ラホール城

    ラホール城

  1. ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

    ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

  2. マダイン・サーレハ

    マダイン・サーレハ

  3. 廬山

    廬山

  1. マサダ

    マサダ

  2. ムラカ

    ムラカ

  3. タフテ・バヒー

    タフテ・バヒー

  1. マルウィヤ・ミナレット

    マルウィヤ・ミナレット

  2. アッコ

    アッコ

  3. マカオ歴史地区

    マカオ歴史地区

  1. 北京と瀋陽の明・清王朝皇宮

    北京と瀋陽の明・清王朝皇宮

  2. メルブ遺跡

    メルブ遺跡

  3. シャフリサブス

    シャフリサブス

  1. ホイアン

    ホイアン

  2. 麗江古城

    麗江古城

  3. 平遥古城

    平遥古城

  1. 胡朝の城塞

    胡朝の城塞

  2. 河回村

    河回村

  3. ロレンツ国立公園

    ロレンツ国立公園

  1. ブハラ

    ブハラ

  2. シャーラマール庭園

    シャーラマール庭園

  3. ペルシャ式庭園

    ペルシャ式庭園

  1. タッター

    タッター

  2. 明治日本の産業革命遺産

    明治日本の産業革命遺産

  3. モヘンジョダロ

    モヘンジョダロ

  1. モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

    モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

  2. ペルセポリス

    ペルセポリス

  3. 富士山―信仰の対象と芸術の源泉

    富士山―信仰の対象と芸術の源泉

  1. タフテ・ソレイマーン

    タフテ・ソレイマーン

  2. 西逓村

    西逓村

  3. 龍門洞窟

    龍門洞窟

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る