ソルターニーイェ

ソルターニーイェ

ソルターニーイェ(現代ペルシア語 سلطانيه Solṭānīye、前近代の近世ペルシア語・アラビア語ではスルターニーヤ Sulṭānīya )は、イルハン朝第8代君主オルジェイトゥの命によって建設された都市遺跡である。テヘランの北西240kmのザンジャーン州東部にあり、かつて14世紀には、フレグ・ウルスの都であった。ソルターニーヤ(スルターニーヤ)とはアラビア語で「スルターンに関わるもの」の意味し、このスルターンとはオルジェイトゥ(・スルターン・ムハンマド・フダーバンダ)のことであり、スルターンの御座所、すなわち首都ほどの意味になる。2005年、ユネスコの世界遺産に登録された。

ソルターニーイェの遺跡群の中核は、1302年から1312年にかけて建設されたオルジェイトゥ廟である。8基のミナレットを備えるこの廟は、青タイルで覆われた高さ約50mの2重構造のドームを持ち、これは世界最古のものである。イスラーム世界におけるこの廟の重要性は、ブルネレスキの屋根建築と比較される。

ソルターニーイェの建築は後のイスラーム建築に大きな影響を与えた。ソルターニーイェの影響を受けた建築物としては、カザフスタンのホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟やインドのタージ・マハルがある。

廟の外装のほとんどが失われてしまったが、しかし、内部のモザイク、彩色陶器、壁画は残っている。

概要
ソルターニーイェ(現代ペルシア語 سلطانيه Solṭānīye、前近代の近世ペルシア語・アラビア語ではスルターニーヤ Sulṭānīya )は、イルハン朝第8代君主オルジェイトゥの命によって建設された都市遺跡である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

    ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

  2. タフテ・ソレイマーン

    タフテ・ソレイマーン

  3. 明・清王朝の皇帝墓群

    明・清王朝の皇帝墓群

  1. ブッダガヤの大菩提寺

    ブッダガヤの大菩提寺

  2. マラッカ海峡

    マラッカ海峡

  3. 北京と瀋陽の明・清王朝皇宮

    北京と瀋陽の明・清王朝皇宮

  1. ロータス・フォート

    ロータス・フォート

  2. 琉球王国のグスク

    琉球王国のグスク

  3. モヘンジョダロ

    モヘンジョダロ

  1. ラホール城

    ラホール城

  2. 廬山

    廬山

  3. 屋久島

    屋久島

  1. 河回村

    河回村

  2. 琉球王国のグスク及び関連遺産群

    琉球王国のグスク及び関連遺産群

  3. マダイン・サーレハ

    マダイン・サーレハ

  1. 屋久島

    屋久島

  2. ゴンバデ・カーブース

    ゴンバデ・カーブース

  3. 明治日本の産業革命遺産

    明治日本の産業革命遺産

  1. マサダ

    マサダ

  2. ホイアン

    ホイアン

  3. ボロブドゥール寺院遺跡群

    ボロブドゥール寺院遺跡群

  1. ムラカ

    ムラカ

  2. ペトラ

    ペトラ

  3. マナス国立公園

    マナス国立公園

  1. アーグラ城塞

    アーグラ城塞

  2. ルアン・パバンの町

    ルアン・パバンの町

  3. ミーソン聖域

    ミーソン聖域

  1. 富士山―信仰の対象と芸術の源泉

    富士山―信仰の対象と芸術の源泉

  2. タフテ・バヒー

    タフテ・バヒー

  3. イランのアルメニア人修道院建造物群

    イランのアルメニア人修道院建造物群

  1. ベヒストゥン碑文

    ベヒストゥン碑文

  2. シャフリサブス

    シャフリサブス

  3. ゴア州

    ゴア州

  1. ルンビニ

    ルンビニ

  2. ペルセポリス

    ペルセポリス

  3. 万里の長城

    万里の長城

  1. サンチ

    サンチ

  2. ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟

    ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟

  3. モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

    モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る