タブリーズのバザール

タブリーズのバザール

タブリーズのバザール(ペルシャ語:بازار تبریز、英語:Bāzār Tabriz)あるいは、タブリーズの歴史的商業施設は、イラン・タブリーズにある中東最古のバザールであると同時に、世界中でもっとも長い商業施設である。2010年、ユネスコの世界遺産に登録された。

タブリーズは、考古の時代より交易の交差路としての役割を果たしてきており、タブリーズのバザールは、タブリーズの中心街にある。

タブリーズのバザールは、金及び宝石を取り扱うアミール・バザール、ペルシャ絨毯を扱うモッザファリーエ・バザールなどさまざまな物品を取り扱う複数のバザール施設が複合して構成されている商業施設である。

今日でも、タブリーズのバザールでは新規の店舗が開設され続けている。そして、今日もなお、イラン北西部の経済の中心地として機能している。

また、タブリーズのバザールは、19世紀以後のイラン史において、重要な役割を果たしてきた。タバコ・ボイコット運動においては、当時のイランにおいて、タバコ生産の最大の地域であったことを背景に、住民がナーセロッディーン・シャーに対して、イギリスへ供与した利権の破棄の電報を打った場所として記録に残った。また、19世紀以降、タブリーズはイランの対ロシア・ヨーロッパ貿易の中継都市としての発展を遂げ、そのために西欧の新しい政治思想をいち早く吸収することが出来たために、イラン立憲革命の際にも、第一議会に全国的に先駆けて、立憲派のタブリーズ・アンジョマンが結成された場所であった[3]。

タブリーズのバザールは、アーシューラーの際には、10日間商取引を停止し、宗教的行事が営まれる場所でもある。中東のほかのバザールと同様に、タブリーズのバザールも例外ではなく、バザールの後背地にはモスクが建設されており、タブリーズの場合には、ジャメー・モスク(en)がそれに該当する。

概要
タブリーズのバザール(ペルシャ語:بازار تبریز、英語:Bāzār Tabriz)あるいは、タブリーズの歴史的商業施設は、イラン・タブリーズにある中東最古のバザールであると同時に、世界中でもっとも長い商業施設である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. タフテ・ソレイマーン

    タフテ・ソレイマーン

  2. ミーソン聖域

    ミーソン聖域

  3. 琉球王国のグスク及び関連遺産群

    琉球王国のグスク及び関連遺産群

  1. マラッカ海峡

    マラッカ海峡

  2. ペルセポリス

    ペルセポリス

  3. 富士山―信仰の対象と芸術の源泉

    富士山―信仰の対象と芸術の源泉

  1. 屋久島

    屋久島

  2. ゴア州

    ゴア州

  3. ロータス・フォート

    ロータス・フォート

  1. モヘンジョダロ

    モヘンジョダロ

  2. イランのアルメニア人修道院建造物群

    イランのアルメニア人修道院建造物群

  3. 富岡製糸場と絹産業遺産群

    富岡製糸場と絹産業遺産群

  1. ブッダガヤの大菩提寺

    ブッダガヤの大菩提寺

  2. ゴンバデ・カーブース

    ゴンバデ・カーブース

  3. ルンビニ

    ルンビニ

  1. ペルシャ式庭園

    ペルシャ式庭園

  2. イチャン・カラ

    イチャン・カラ

  3. ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟

    ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟

  1. チトワン国立公園

    チトワン国立公園

  2. アジャンター石窟群

    アジャンター石窟群

  3. 西逓村

    西逓村

  1. マサダ

    マサダ

  2. ボロブドゥール寺院遺跡群

    ボロブドゥール寺院遺跡群

  3. 麗江古城

    麗江古城

  1. 河回村

    河回村

  2. 楽山大仏

    楽山大仏

  3. 鹿苑寺

    鹿苑寺

  1. ブハラ

    ブハラ

  2. シャーラマール庭園

    シャーラマール庭園

  3. 明・清王朝の皇帝墓群

    明・清王朝の皇帝墓群

  1. シルクロード

    シルクロード

  2. 北京と瀋陽の明・清王朝皇宮

    北京と瀋陽の明・清王朝皇宮

  3. 屋久島

    屋久島

  1. 胡朝の城塞

    胡朝の城塞

  2. マナス国立公園

    マナス国立公園

  3. メルブ遺跡

    メルブ遺跡

  1. アッコ

    アッコ

  2. 法隆寺地域の仏教建造物

    法隆寺地域の仏教建造物

  3. 平遥古城

    平遥古城

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る