テルアビブの白い都市

テルアビブの白い都市

テルアビブの「白い都市」(ヘブライ語 : העיר הלבנה, ha-ʿir ha-levana)は、1920年代から1950年代にかけて白色や明るい色の建造物群が建てられたテルアビブの街区の名称である。それらの建造物はバウハウス様式あるいはインターナショナル・スタイルが採用されている。

テルアビブの中心地区では、いまだにそうした様式の建物を4000軒以上も見ることができ、これは一都市内に集中しているものとしては世界でも類を見ないものである。このことから、この「白い都市」は20世紀前半の建築や都市計画を考える上で逸することの出来ない優れた例証として、2003年にユネスコの世界遺産に登録された。同時にそれは、この町が育んできた伝統や文化、あるいは取り巻く気候的要件といったものに、建築様式をどう馴化させるかというユニークな例証にもなっている。

概要
テルアビブの「白い都市」(ヘブライ語 : העיר הלבנה, ha-ʿir ha-levana)は、1920年代から1950年代にかけて白色や明るい色の建造物群が建てられたテルアビブの街区の名称である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. アーグラ城塞

    アーグラ城塞

  2. タフテ・ソレイマーン

    タフテ・ソレイマーン

  3. マハーバリプラム

    マハーバリプラム

  1. 龍安寺

    龍安寺

  2. 鹿苑寺

    鹿苑寺

  3. モヘンジョダロ

    モヘンジョダロ

  1. ペトラ

    ペトラ

  2. メルブ遺跡

    メルブ遺跡

  3. 法隆寺地域の仏教建造物

    法隆寺地域の仏教建造物

  1. アユタヤ歴史公園

    アユタヤ歴史公園

  2. ペルセポリス

    ペルセポリス

  3. チトワン国立公園

    チトワン国立公園

  1. ゴア州

    ゴア州

  2. 屋久島

    屋久島

  3. 輪王寺

    輪王寺

  1. アッコ

    アッコ

  2. ベヒストゥン碑文

    ベヒストゥン碑文

  3. 富士山―信仰の対象と芸術の源泉

    富士山―信仰の対象と芸術の源泉

  1. タフテ・バヒー

    タフテ・バヒー

  2. シャーラマール庭園

    シャーラマール庭園

  3. 明・清王朝の皇帝墓群

    明・清王朝の皇帝墓群

  1. ホイアン

    ホイアン

  2. 明治日本の産業革命遺産

    明治日本の産業革命遺産

  3. ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟

    ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟

  1. シャフリサブス

    シャフリサブス

  2. マナス国立公園

    マナス国立公園

  3. ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

    ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

  1. 万里の長城

    万里の長城

  2. 楽山大仏

    楽山大仏

  3. ボロブドゥール寺院遺跡群

    ボロブドゥール寺院遺跡群

  1. 琉球王国のグスク及び関連遺産群

    琉球王国のグスク及び関連遺産群

  2. イチャン・カラ

    イチャン・カラ

  3. マカオ歴史地区

    マカオ歴史地区

  1. 西逓村

    西逓村

  2. ゴンバデ・カーブース

    ゴンバデ・カーブース

  3. ミーソン聖域

    ミーソン聖域

  1. マダイン・サーレハ

    マダイン・サーレハ

  2. ロータス・フォート

    ロータス・フォート

  3. ワディ・ラム

    ワディ・ラム

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る