ニルギリ山岳鉄道

ニルギリ山岳鉄道

ニルギリ山岳鉄道とはタミル・ナードゥ州ニーラギリ県(ニルギリ県)に敷設された鉄道で、インド最古の山岳鉄道のひとつである。2005年からはダージリン・ヒマラヤ鉄道とともに、世界遺産「インドの山岳鉄道群」を構成している。

1845年に計画が持ち上がり最終的にはイギリスの手で敷設が行われ、1899年6月にマドラス鉄道会社の経営で一般向けのものとなった。この鉄道はメットゥパラヤムとウダカマンダラムを結んでおり、山岳部の駅は標高 2,200 m にある。この鉄道はインドで稼動している最後の蒸気機関車鉄道のひとつである。

ニルギリ山岳鉄道の軌間は 1,000 mm のナローゲージである。メットゥパラヤム – クーヌール (Coonool) 間では、車両は急勾配を登るためにラック式の蒸気機関車(スイスのスイス・ロコモティブ・アンド・マシン・ワークス(Schweizerische Lokomotiven und Maschinenfabrik)社製)に押されたり曳かれたりする。この区間の斜面の最大傾斜は12対1 (83 ‰) 、平均傾斜は24.5対1 (41‰) である。登るときには蒸気機関車は最後尾に連結され、列車を押し上げる。下るときには先頭に連結され、スピードを制御する。

クーヌール – ウダカマンダラム間は、列車はラック式でないレールの上をディーゼル機関車に牽かれて走行する。

この鉄道の走行区間は 45.88 km で208のカーブ、16のトンネル、250の橋が含まれている。メットゥパラヤムとウダカマンダラムの間にはクーヌール、ヒルグローヴ (Hillgrove) 、ウェリントン (Wellington) 、アラヴァンガドゥ (Aravangadu) 、ケッティ (Ketti) 、ラヴデイル (Lovedale) の各駅がある。ニルギリ山岳鉄道を管理するパラガット県管区 (division) は、およそ100万ドルの年間赤字を計上している。

概要
ニルギリ山岳鉄道とはタミル・ナードゥ州ニーラギリ県(ニルギリ県)に敷設された鉄道で、インド最古の山岳鉄道のひとつである。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. サンチ

    サンチ

  2. マカオ歴史地区

    マカオ歴史地区

  3. メルブ遺跡

    メルブ遺跡

  1. 福建土楼

    福建土楼

  2. 明・清王朝の皇帝墓群

    明・清王朝の皇帝墓群

  3. タフテ・バヒー

    タフテ・バヒー

  1. ブハラ

    ブハラ

  2. シルクロード

    シルクロード

  3. 屋久島

    屋久島

  1. ルンビニ

    ルンビニ

  2. 輪王寺

    輪王寺

  3. 胡朝の城塞

    胡朝の城塞

  1. 龍門洞窟

    龍門洞窟

  2. 鹿苑寺

    鹿苑寺

  3. 琉球王国のグスク

    琉球王国のグスク

  1. マサダ

    マサダ

  2. 富岡製糸場と絹産業遺産群

    富岡製糸場と絹産業遺産群

  3. ルアン・パバンの町

    ルアン・パバンの町

  1. タッター

    タッター

  2. 河回村

    河回村

  3. 西逓村

    西逓村

  1. ムラカ

    ムラカ

  2. アユタヤ歴史公園

    アユタヤ歴史公園

  3. 万里の長城

    万里の長城

  1. マルウィヤ・ミナレット

    マルウィヤ・ミナレット

  2. イランのアルメニア人修道院建造物群

    イランのアルメニア人修道院建造物群

  3. 琉球王国のグスク及び関連遺産群

    琉球王国のグスク及び関連遺産群

  1. ペルシャ式庭園

    ペルシャ式庭園

  2. ブッダガヤの大菩提寺

    ブッダガヤの大菩提寺

  3. モヘンジョダロ

    モヘンジョダロ

  1. イチャン・カラ

    イチャン・カラ

  2. ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟

    ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟

  3. アジャンター石窟群

    アジャンター石窟群

  1. ミーソン聖域

    ミーソン聖域

  2. ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

    ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

  3. マハーバリプラム

    マハーバリプラム

  1. アーグラ城塞

    アーグラ城塞

  2. チトワン国立公園

    チトワン国立公園

  3. アッコ

    アッコ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る