バハラ城塞

バハラ城塞

バハラ城塞(アラビア語: قلعة بهلاء; Qal’at Bahla’)は、アフダル山の麓に位置する四つの歴史的城塞の一つである。建造されたのは13世紀から14世紀にかけてのことで、当時のバハラはBanu Nebhanの一族のもとでオアシス都市としての繁栄を享受していた。バハラの街には、オアシス、市場(スーク、Suq)、ヤシの木立などがあり、都市自体が約 12 km の城壁に囲まれている。この町は陶磁器でも知られている。

バハラ城塞は、近隣のイズキ(Izki)、ニズワ(Nizwa)、少し北に離れたルスタク(Rustaq)の各城塞とともに、ハワーリジュ派の中心拠点となっていた。

城塞の砂岩の土台からは、日干しレンガの壊れた壁と高さ約50 mの塔が載っている。隣接する南西方向には、14世紀の彫刻に飾られたミフラーブを持つ金曜礼拝のモスク(the Friday Mosque)が建っている。

概要
バハラ城塞(アラビア語: قلعة بهلاء; Qal'at Bahla')は、アフダル山の麓に位置する四つの歴史的城塞の一つである。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. 龍門洞窟

    龍門洞窟

  2. サンチ

    サンチ

  3. タッター

    タッター

  1. タフテ・ソレイマーン

    タフテ・ソレイマーン

  2. アジャンター石窟群

    アジャンター石窟群

  3. 法隆寺地域の仏教建造物

    法隆寺地域の仏教建造物

  1. ゴア州

    ゴア州

  2. ペトラ

    ペトラ

  3. マカオ歴史地区

    マカオ歴史地区

  1. タフテ・バヒー

    タフテ・バヒー

  2. ブッダガヤの大菩提寺

    ブッダガヤの大菩提寺

  3. マサダ

    マサダ

  1. 富士山―信仰の対象と芸術の源泉

    富士山―信仰の対象と芸術の源泉

  2. 屋久島

    屋久島

  3. ボロブドゥール寺院遺跡群

    ボロブドゥール寺院遺跡群

  1. 琉球王国のグスク

    琉球王国のグスク

  2. ペルセポリス

    ペルセポリス

  3. 琉球王国のグスク及び関連遺産群

    琉球王国のグスク及び関連遺産群

  1. 北京と瀋陽の明・清王朝皇宮

    北京と瀋陽の明・清王朝皇宮

  2. アッコ

    アッコ

  3. 河回村

    河回村

  1. シャフリサブス

    シャフリサブス

  2. 麗江古城

    麗江古城

  3. 明治日本の産業革命遺産

    明治日本の産業革命遺産

  1. ホイアン

    ホイアン

  2. 富岡製糸場と絹産業遺産群

    富岡製糸場と絹産業遺産群

  3. アユタヤ歴史公園

    アユタヤ歴史公園

  1. 楽山大仏

    楽山大仏

  2. 西逓村

    西逓村

  3. メルブ遺跡

    メルブ遺跡

  1. 胡朝の城塞

    胡朝の城塞

  2. マダイン・サーレハ

    マダイン・サーレハ

  3. モヘンジョダロ

    モヘンジョダロ

  1. 明・清王朝の皇帝墓群

    明・清王朝の皇帝墓群

  2. イチャン・カラ

    イチャン・カラ

  3. ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

    ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

  1. ロレンツ国立公園

    ロレンツ国立公園

  2. 廬山

    廬山

  3. 宏村

    宏村

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る