避暑山荘

避暑山荘

避暑山荘(ひしょさんそう)は中国、河北省、承徳市にある、清朝時代の離宮である。避暑離宮、熱河行宮とも。中国四大名園の一つでもある。総面積5460平方キロメートルで、周囲の城壁は10キロメートル。

清の皇帝は瀋陽(当時の奉天)に参拝に行くことがあったが、御幸では承徳に立ち寄ることが多かった。承徳は季候がよく、自然が豊かで景色に優れ、また温泉などもあったことから、康熙帝は1703年にここに離宮を造ることを決定した。雍正帝の治世を経て乾隆帝治世の1741年から大規模な整備がなされ、着工から87年の時を経て1790年に完成した。

避暑山荘の建築にあたっては、江南地方の名園・名勝を参考にしたと言われている。蘇州の獅子林や寒山寺、杭州の武陵寺六和塔、鎮江の金山亭、嘉興の煙雨楼などを模して作られた建造物があり、内モンゴルや大興安嶺などから松が持ち込まれ移植されている。また園内には四庫全書が収蔵されている。

概要
避暑山荘(ひしょさんそう)は中国、河北省、承徳市にある、清朝時代の離宮である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ルンビニ

    ルンビニ

  2. 北京と瀋陽の明・清王朝皇宮

    北京と瀋陽の明・清王朝皇宮

  3. アジャンター石窟群

    アジャンター石窟群

  1. 琉球王国のグスク及び関連遺産群

    琉球王国のグスク及び関連遺産群

  2. マカオ歴史地区

    マカオ歴史地区

  3. ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟

    ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟

  1. マハーバリプラム

    マハーバリプラム

  2. インドの山岳鉄道群

    インドの山岳鉄道群

  3. メルブ遺跡

    メルブ遺跡

  1. イランのアルメニア人修道院建造物群

    イランのアルメニア人修道院建造物群

  2. 明・清王朝の皇帝墓群

    明・清王朝の皇帝墓群

  3. モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

    モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

  1. ムラカ

    ムラカ

  2. ブハラ

    ブハラ

  3. サンチ

    サンチ

  1. シャーラマール庭園

    シャーラマール庭園

  2. アーグラ城塞

    アーグラ城塞

  3. アッコ

    アッコ

  1. 楽山大仏

    楽山大仏

  2. イチャン・カラ

    イチャン・カラ

  3. ホイアン

    ホイアン

  1. タフテ・ソレイマーン

    タフテ・ソレイマーン

  2. ゴンバデ・カーブース

    ゴンバデ・カーブース

  3. ポロンナルワ

    ポロンナルワ

  1. 万里の長城

    万里の長城

  2. ボロブドゥール寺院遺跡群

    ボロブドゥール寺院遺跡群

  3. シャフリサブス

    シャフリサブス

  1. 平遥古城

    平遥古城

  2. 琉球王国のグスク

    琉球王国のグスク

  3. 明治日本の産業革命遺産

    明治日本の産業革命遺産

  1. 福建土楼

    福建土楼

  2. マサダ

    マサダ

  3. ブッダガヤの大菩提寺

    ブッダガヤの大菩提寺

  1. 屋久島

    屋久島

  2. ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

    ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

  3. ルアン・パバンの町

    ルアン・パバンの町

  1. チトワン国立公園

    チトワン国立公園

  2. 輪王寺

    輪王寺

  3. タフテ・バヒー

    タフテ・バヒー

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る