エスファハーンのジャーメ・モスク

エスファハーンのジャーメ・モスク

エスファハーンのジャーメ・モスク(ペルシア語: مسجد جامع اصفهان‎; Masjid-e-Jāme`-e Eṣfahān)は、イランのエスファハーンにある会衆のモスク。金曜モスク(ペルシア語: مسجد جمعه‎; Masjid-e-Jom`eh)ともいう。771年に建築されたエスファハーンでもっとも古いモスクであり、絶え間無く建築活動が行われた結果、建物のどの部分がどの時代に建てられたのかすら特定が困難な複雑な歴史を持つ。イランにおけるモスク建築史を体現している建築物とも言え、イスラム建築研究者の石井昭は「建築様式の博物館である」と評している。イタリア中東研究所(IsMEO)が1970年代に発表した研究報告書を元に独自調査を行ったイスラーム美術史・文化史研究者のオレグ・グレーバー Oleg Graber は、エスファハーンのジャーメ・モスクは少なくともブワイフ朝時代、セルジューク朝時代、イルハン朝時代、ティムール朝時代、サファヴィー朝時代、アフシャール朝時代以降の6つの時期に区分し、分類できるとしている。ユネスコの世界遺産に登録されている。

概要
エスファハーンのジャーメ・モスク(ペルシア語: مسجد جامع اصفهان‎; Masjid-e-Jāme`-e Eṣfahān)は、イランのエスファハーンにある会衆のモスク。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ペルシャ式庭園

    ペルシャ式庭園

  2. ポロンナルワ

    ポロンナルワ

  3. シャーラマール庭園

    シャーラマール庭園

  1. ルンビニ

    ルンビニ

  2. 廬山

    廬山

  3. メルブ遺跡

    メルブ遺跡

  1. アジャンター石窟群

    アジャンター石窟群

  2. 富士山―信仰の対象と芸術の源泉

    富士山―信仰の対象と芸術の源泉

  3. マラッカ海峡

    マラッカ海峡

  1. インドの山岳鉄道群

    インドの山岳鉄道群

  2. 琉球王国のグスク

    琉球王国のグスク

  3. ホイアン

    ホイアン

  1. 屋久島

    屋久島

  2. シャフリサブス

    シャフリサブス

  3. タフテ・ソレイマーン

    タフテ・ソレイマーン

  1. ゴア州

    ゴア州

  2. 龍安寺

    龍安寺

  3. モヘンジョダロ

    モヘンジョダロ

  1. 北京と瀋陽の明・清王朝皇宮

    北京と瀋陽の明・清王朝皇宮

  2. 麗江古城

    麗江古城

  3. ルアン・パバンの町

    ルアン・パバンの町

  1. マナス国立公園

    マナス国立公園

  2. ミーソン聖域

    ミーソン聖域

  3. マダイン・サーレハ

    マダイン・サーレハ

  1. ロータス・フォート

    ロータス・フォート

  2. マサダ

    マサダ

  3. ワディ・ラム

    ワディ・ラム

  1. ベヒストゥン碑文

    ベヒストゥン碑文

  2. 河回村

    河回村

  3. チトワン国立公園

    チトワン国立公園

  1. ロレンツ国立公園

    ロレンツ国立公園

  2. ペルセポリス

    ペルセポリス

  3. アーグラ城塞

    アーグラ城塞

  1. 西逓村

    西逓村

  2. 平遥古城

    平遥古城

  3. モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

    モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

  1. 富岡製糸場と絹産業遺産群

    富岡製糸場と絹産業遺産群

  2. 宏村

    宏村

  3. 胡朝の城塞

    胡朝の城塞

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る