カールカー=シムラー鉄道

カールカー=シムラー鉄道

カールカー=シムラー鉄道(-てつどう、英語:Kalka-Shimla Railway、ヒンディー語:कालका शिमला रेलवे)とはインドの鉄道の路線の一つである。インド北部・ハリヤーナー州のカールカー(英語版)から、避暑地として知られるシムラー(ヒマーチャル・プラデーシュ州の州都)までを結ぶ登山鉄道である。日本語表記の揺れからカルカ・シムラ鉄道、カルカ・シムラー鉄道 と書かれることも多い。
1903年、当時のイギリス領インド帝国において夏の首都だったシムラーの交通の便のために開設された。
区間は総延長 96 km 、両端の駅の標高差は 1,420 mである(カールカーは 656 m、シムラーは 2,076 m)。途中には険しい地形を反映して103ヶ所のトンネルと864ヶ所の橋がある。軌間は 762 mm のナロー・ゲージ(狭軌)で、いわゆる「トイ・トレイン」である。
2008年、世界遺産として「インドの山岳鉄道群」を拡大する形で登録された。

概要
カールカー=シムラー鉄道(-てつどう、英語:Kalka-Shimla Railway、ヒンディー語:कालका शिमला रेलवे)とはインドの鉄道の路線の一つである。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ホイアン

    ホイアン

  2. 万里の長城

    万里の長城

  3. ゴア州

    ゴア州

  1. ルアン・パバンの町

    ルアン・パバンの町

  2. ロレンツ国立公園

    ロレンツ国立公園

  3. 胡朝の城塞

    胡朝の城塞

  1. 鹿苑寺

    鹿苑寺

  2. 麗江古城

    麗江古城

  3. マルウィヤ・ミナレット

    マルウィヤ・ミナレット

  1. ルンビニ

    ルンビニ

  2. アッコ

    アッコ

  3. 明治日本の産業革命遺産

    明治日本の産業革命遺産

  1. インドの山岳鉄道群

    インドの山岳鉄道群

  2. 琉球王国のグスク

    琉球王国のグスク

  3. イランのアルメニア人修道院建造物群

    イランのアルメニア人修道院建造物群

  1. 龍門洞窟

    龍門洞窟

  2. アーグラ城塞

    アーグラ城塞

  3. 富士山―信仰の対象と芸術の源泉

    富士山―信仰の対象と芸術の源泉

  1. タフテ・ソレイマーン

    タフテ・ソレイマーン

  2. ベヒストゥン碑文

    ベヒストゥン碑文

  3. マダイン・サーレハ

    マダイン・サーレハ

  1. マカオ歴史地区

    マカオ歴史地区

  2. ワディ・ラム

    ワディ・ラム

  3. タッター

    タッター

  1. 屋久島

    屋久島

  2. マハーバリプラム

    マハーバリプラム

  3. ペトラ

    ペトラ

  1. タフテ・バヒー

    タフテ・バヒー

  2. ムラカ

    ムラカ

  3. 琉球王国のグスク及び関連遺産群

    琉球王国のグスク及び関連遺産群

  1. 北京と瀋陽の明・清王朝皇宮

    北京と瀋陽の明・清王朝皇宮

  2. 明・清王朝の皇帝墓群

    明・清王朝の皇帝墓群

  3. ミーソン聖域

    ミーソン聖域

  1. ロータス・フォート

    ロータス・フォート

  2. 楽山大仏

    楽山大仏

  3. ラホール城

    ラホール城

  1. 宏村

    宏村

  2. サンチ

    サンチ

  3. イチャン・カラ

    イチャン・カラ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る