クラック・デ・シュヴァリエ

クラック・デ・シュヴァリエ

クラック・デ・シュヴァリエ(フランス語: Krak des Chevaliers, アラビア語: Qal‘at al-Ḥoṣn (قلعة الحصن))は、シリアに築かれた十字軍時代の代表的な城で、当時の築城技術の粋を究めたものと評価されている。1142年から1171年まで、聖ヨハネ騎士団の拠点として使用された。フランス語名のクラック・デ・シュヴァリエは「騎士のクラック」を意味し、アラビア語の「カラット・アル=ホスヌ」は「城塞都市」を意味する。フランス語名に現れる「クラック」は、十字軍時代のアラビア語史書で使われた「ホスヌ・アル=アクラード(Ḥoṣn al-Akrād、クルド人たちの城塞)」という名称のアクラード(クルド人)に由来すると考えられている。

アラビアのローレンスは、この城を世界で最も素晴しい城だと述べた[3]。城は十字軍美術(フレスコ画など)が保存されている数少ない場所となっている。

概要
クラック・デ・シュヴァリエ(フランス語: Krak des Chevaliers, アラビア語: Qal‘at al-Ḥoṣn (قلعة الحصن))は、シリアに築かれた十字軍時代の代表的な城で、当時の築城技術の粋を究めたものと評価されている。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ボロブドゥール寺院遺跡群

    ボロブドゥール寺院遺跡群

  2. 琉球王国のグスク及び関連遺産群

    琉球王国のグスク及び関連遺産群

  3. ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

    ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

  1. 西逓村

    西逓村

  2. 宏村

    宏村

  3. ロレンツ国立公園

    ロレンツ国立公園

  1. 福建土楼

    福建土楼

  2. イランのアルメニア人修道院建造物群

    イランのアルメニア人修道院建造物群

  3. 平遥古城

    平遥古城

  1. 河回村

    河回村

  2. 龍門洞窟

    龍門洞窟

  3. ベヒストゥン碑文

    ベヒストゥン碑文

  1. ブッダガヤの大菩提寺

    ブッダガヤの大菩提寺

  2. 明治日本の産業革命遺産

    明治日本の産業革命遺産

  3. マサダ

    マサダ

  1. 富岡製糸場と絹産業遺産群

    富岡製糸場と絹産業遺産群

  2. ラホール城

    ラホール城

  3. マラッカ海峡

    マラッカ海峡

  1. インドの山岳鉄道群

    インドの山岳鉄道群

  2. ワディ・ラム

    ワディ・ラム

  3. サンチ

    サンチ

  1. 廬山

    廬山

  2. イチャン・カラ

    イチャン・カラ

  3. アッコ

    アッコ

  1. チトワン国立公園

    チトワン国立公園

  2. ロータス・フォート

    ロータス・フォート

  3. タッター

    タッター

  1. モヘンジョダロ

    モヘンジョダロ

  2. 富士山―信仰の対象と芸術の源泉

    富士山―信仰の対象と芸術の源泉

  3. ペルシャ式庭園

    ペルシャ式庭園

  1. 琉球王国のグスク

    琉球王国のグスク

  2. 胡朝の城塞

    胡朝の城塞

  3. シャーラマール庭園

    シャーラマール庭園

  1. タフテ・ソレイマーン

    タフテ・ソレイマーン

  2. 輪王寺

    輪王寺

  3. マハーバリプラム

    マハーバリプラム

  1. ムラカ

    ムラカ

  2. 楽山大仏

    楽山大仏

  3. 明・清王朝の皇帝墓群

    明・清王朝の皇帝墓群

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る