コミの原生林

コミの原生林

コミの原生林は、ロシア連邦コミ共和国内のウラル山脈北部に存在する世界遺産登録物件。その面積32,800 km² は、ヨーロッパの原生林としては最大級である。

コミの原生林はウラル山脈のタイガのエコリージョンに属する。多く見られる植物はシベリア種のトウヒ、モミ、カラマツなどで、最も目立つ部類の哺乳類は、トナカイ、クロテン、ミンク、ユキウサギなどである。

この一帯は、ロシアのペコラ=イリチ自然保護区(Pechora-Ilych Nature Reserve)とユグド=ヴァ国立公園(Yugyd Va National Park)にあたっている。登録は1995年のことで、ロシアでは初の自然遺産だった。この登録は、国外からの追加融資を呼び込み、当時差し迫っていたフランス企業(HUET Holding)による伐木搬出の計画からこの地の自然を守ることにつながった。しかし、自然への脅威は去ったわけではなく、とりわけ違法な伐採や金の採鉱などが問題となる。ユグド=ヴァ国立公園北部に眠る金鉱は、1995年以前から採掘されていた。

世界遺産に登録されているにもかかわらず、コミ共和国の元首や自然省の大臣によって、金の採掘は盛んにロビー活動の対象になっている。しかし、世界遺産登録地の境界線を動かし、金の豊富な埋蔵地を登録対象外にすることで、保護対象からも外そうとするコミ政府の試みは、コミの最高裁判所によって斥けられた。

概要
コミの原生林は、ロシア連邦コミ共和国内のウラル山脈北部に存在する世界遺産登録物件。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  2. リメス

    リメス

  3. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  1. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  2. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  3. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  1. アランフエス

    アランフエス

  2. メテオラ

    メテオラ

  3. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  1. ポー川

    ポー川

  2. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  3. マルボルク城

    マルボルク城

  1. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  2. コインブラ大学

    コインブラ大学

  3. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  1. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  2. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  3. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  1. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  2. ワルシャワ

    ワルシャワ

  3. ラヴォー

    ラヴォー

  1. ピエンツァ

    ピエンツァ

  2. トルン

    トルン

  3. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  1. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  2. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  3. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  1. イルリサット

    イルリサット

  2. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  3. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  1. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  2. リューベック

    リューベック

  3. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  1. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  2. オビエド

    オビエド

  3. レーロース

    レーロース

  1. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  2. 赤の広場

    赤の広場

  3. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る