ザルツブルク市街の歴史地区

ザルツブルク市街の歴史地区

ザルツブルク市街の歴史地区(ザルツブルクしがいのれきしちく、Historic Centre of the City of Salzburg)は、オーストリア共和国の世界遺産のひとつ。ドイツとの国境に近い、オーストリア北西部ザルツブルク州の州都ザルツブルクに所在する。

紀元前より岩塩の交易によって栄えてきたこの町は、「ザルツ(塩の)ブルク(城)」と呼称されてきた。中世において塩は、「白い黄金」と呼ばれるほど貴重なものであった。9世紀には司教座が置かれて宗教都市として栄え、ザルツァッハ川左岸の旧市街には、教会や歴史的建造物が数多く建てられ、「北のローマ」あるいは「北のフィレンツェ」と称された。1996年、世界遺産(文化遺産)に登録されたが、オーストリア国内ではウィーンの「シェーンブルン宮殿と庭園群」とならんで初の世界遺産登録であった。「教会国家」としての長い歴史にちなむ遺産、バロック時代に由来する多くの建築物群、モーツァルトの生家など音楽にまつわる多くの遺産で知られる。

概要
ザルツブルク市街の歴史地区(ザルツブルクしがいのれきしちく、Historic Centre of the City of Salzburg)は、オーストリア共和国の世界遺産のひとつ。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  2. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  3. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  1. リューベック

    リューベック

  2. コインブラ大学

    コインブラ大学

  3. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  1. ミケーネ

    ミケーネ

  2. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  3. ピエンツァ

    ピエンツァ

  1. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  2. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  3. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  1. ワルシャワ

    ワルシャワ

  2. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  3. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  1. サナイン修道院

    サナイン修道院

  2. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  3. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  1. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  2. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  3. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  1. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  2. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  3. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  1. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  2. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  3. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  1. レーロース

    レーロース

  2. クレムリン

    クレムリン

  3. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  1. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  2. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  3. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  1. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  2. ザモシチ

    ザモシチ

  3. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  1. フェラーラ

    フェラーラ

  2. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  3. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る