サン=テチエンヌ大聖堂 (ブールジュ)

サン=テチエンヌ大聖堂 (ブールジュ)

ブールジュのサン=テチエンヌ大聖堂は、主に12世紀末から13世紀末にかけて建造された司教座聖堂である。これは、フランスにおけるゴシック美術の傑作のひとつであり、その設計、ティンパヌム、彫刻、ステンドグラスはいずれも特筆すべきものである。その規模とコンセプトの統一性が織りなす美しさは中世フランスにおけるキリスト教の強大さを示してくれる。その先駆的なスタイルはゴシック建築の中でも例外的な存在である。長い間正当に評価されてきたとはいえないが、この大聖堂は、ランス大聖堂、シャルトル大聖堂、ノートルダム・ド・パリなどにもひけをとるものではない。1992年に「ブールジュ大聖堂」の名で、ユネスコの世界遺産に登録された。

概要
ブールジュのサン=テチエンヌ大聖堂は、主に12世紀末から13世紀末にかけて建造された司教座聖堂である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  2. ワッデン海

    ワッデン海

  3. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  1. ラヴォー

    ラヴォー

  2. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  3. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  1. リューベック

    リューベック

  2. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  3. ポー川

    ポー川

  1. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  2. レーロース

    レーロース

  3. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  1. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  2. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  3. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  1. メルク修道院

    メルク修道院

  2. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  3. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  1. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  2. リラ修道院

    リラ修道院

  3. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  1. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  2. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  3. イルリサット

    イルリサット

  1. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  2. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  3. シュトラールズント

    シュトラールズント

  1. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  2. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  3. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  1. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  2. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  3. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  1. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  2. クレムリン

    クレムリン

  3. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  1. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  2. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  3. リトミシュル城

    リトミシュル城

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る