サン=テチエンヌ大聖堂 (ブールジュ)

サン=テチエンヌ大聖堂 (ブールジュ)

ブールジュのサン=テチエンヌ大聖堂は、主に12世紀末から13世紀末にかけて建造された司教座聖堂である。これは、フランスにおけるゴシック美術の傑作のひとつであり、その設計、ティンパヌム、彫刻、ステンドグラスはいずれも特筆すべきものである。その規模とコンセプトの統一性が織りなす美しさは中世フランスにおけるキリスト教の強大さを示してくれる。その先駆的なスタイルはゴシック建築の中でも例外的な存在である。長い間正当に評価されてきたとはいえないが、この大聖堂は、ランス大聖堂、シャルトル大聖堂、ノートルダム・ド・パリなどにもひけをとるものではない。1992年に「ブールジュ大聖堂」の名で、ユネスコの世界遺産に登録された。

概要
ブールジュのサン=テチエンヌ大聖堂は、主に12世紀末から13世紀末にかけて建造された司教座聖堂である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ポー川

    ポー川

  2. フェラーラ

    フェラーラ

  3. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  1. ワッデン海

    ワッデン海

  2. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  3. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  1. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  2. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  3. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  1. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  2. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  3. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  1. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  2. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  3. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  1. リラ修道院

    リラ修道院

  2. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  3. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  1. リトミシュル城

    リトミシュル城

  2. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  3. マルボルク城

    マルボルク城

  1. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  2. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  3. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  1. イルリサット

    イルリサット

  2. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  3. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  1. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  2. ラヴォー

    ラヴォー

  3. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  1. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  2. ロンドン塔

    ロンドン塔

  3. ラポニア地域

    ラポニア地域

  1. トルン

    トルン

  2. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  3. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  1. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  2. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  3. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る