サン=テミリオン地域

サン=テミリオン地域

サン=テミリオン地域は、ボルドー近郊の町サン=テミリオンを中心とする地域のユネスコ世界遺産としての登録名。サン=テミリオンのコミューン共同体になっている8つの市町村を含む。中世以来ブドウ栽培やワイン醸造のさかんな景勝地であり、「サン=テミリオン」の名はボルドーワインの主要なブランド名のひとつにもなっている。このため、世界遺産ではブドウ畑も登録の対象とされた。登録名に用いられたjuridiction (jurisdiction) は中世の裁判権や管轄権のことであり、12世紀にイングランドに支配されていた時期に遡る地域区分である。そのため、「サン=テミリオン管轄区」などと訳されることもある。

なお、サン=テミリオン市はそれ自体が世界遺産「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の途上にあり、地下を刳り貫いて作ったモノリス(一枚岩)教会などの歴史的建造物もある。

概要
サン=テミリオン地域は、ボルドー近郊の町サン=テミリオンを中心とする地域のユネスコ世界遺産としての登録名。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  3. ミケーネ

    ミケーネ

  1. シュトラールズント

    シュトラールズント

  2. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  3. ラポニア地域

    ラポニア地域

  1. メテオラ

    メテオラ

  2. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  3. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  1. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  2. リメス

    リメス

  3. コインブラ大学

    コインブラ大学

  1. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  2. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  3. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  1. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  2. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  3. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  1. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  2. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  3. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  1. ワルシャワ

    ワルシャワ

  2. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  3. オビエド

    オビエド

  1. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  2. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  3. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  1. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  2. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  3. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  1. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  2. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  3. フェラーラ

    フェラーラ

  1. リガ

    リガ

  2. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  3. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  1. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  2. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  3. 赤の広場

    赤の広場

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る