サント・シャペル

サント・シャペル

サント・シャペル (Sainte chapelle)とは「聖なる礼拝堂」という意味で、フランスのパリ中心部、シテ島にあるゴシック建築の教会堂。 おそらくゴシック建築が最も輝かしかった時期の頂点ともいえる傑作である。 サント·シャペル·デュ·パレとも呼ばれ、ルイ9世(聖ルイあるいは聖王ルイ)が1239年から収集し始めた聖遺物を納めるために建設を命じたものである。コンシェルジュリーとともにカペー朝時代の王宮であるシテ宮の跡であり、現在はパリのパレ・ド・ジュスティスの一部である。2011年には、90万人以上の観光客が訪れた。

概要
サント・シャペル (Sainte chapelle)とは「聖なる礼拝堂」という意味で、フランスのパリ中心部、シテ島にあるゴシック建築の教会堂。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. フェラーラ

    フェラーラ

  2. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  3. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  1. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  2. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  3. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  1. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  2. コインブラ大学

    コインブラ大学

  3. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  1. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  2. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  3. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  1. ユッセ城

    ユッセ城

  2. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  3. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  1. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  2. リューベック

    リューベック

  3. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  1. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  2. ミケーネ

    ミケーネ

  3. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  1. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  2. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  3. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  1. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  2. 赤の広場

    赤の広場

  3. ラヴォー

    ラヴォー

  1. トルン

    トルン

  2. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  3. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  1. オビエド

    オビエド

  2. リメス

    リメス

  3. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  1. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  2. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  3. リラ修道院

    リラ修道院

  1. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  2. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  3. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る