サント・シャペル

サント・シャペル

サント・シャペル (Sainte chapelle)とは「聖なる礼拝堂」という意味で、フランスのパリ中心部、シテ島にあるゴシック建築の教会堂。 おそらくゴシック建築が最も輝かしかった時期の頂点ともいえる傑作である。 サント·シャペル·デュ·パレとも呼ばれ、ルイ9世(聖ルイあるいは聖王ルイ)が1239年から収集し始めた聖遺物を納めるために建設を命じたものである。コンシェルジュリーとともにカペー朝時代の王宮であるシテ宮の跡であり、現在はパリのパレ・ド・ジュスティスの一部である。2011年には、90万人以上の観光客が訪れた。

概要
サント・シャペル (Sainte chapelle)とは「聖なる礼拝堂」という意味で、フランスのパリ中心部、シテ島にあるゴシック建築の教会堂。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  2. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  3. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  1. フェラーラ

    フェラーラ

  2. メルク修道院

    メルク修道院

  3. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  1. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  2. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  3. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  1. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  2. リラ修道院

    リラ修道院

  3. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  1. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  2. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  3. コインブラ大学

    コインブラ大学

  1. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  2. ワッデン海

    ワッデン海

  3. アランフエス

    アランフエス

  1. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  2. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  3. オビエド

    オビエド

  1. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  2. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  3. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  1. メテオラ

    メテオラ

  2. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  3. トルン

    トルン

  1. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  2. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  3. ピエンツァ

    ピエンツァ

  1. ユッセ城

    ユッセ城

  2. リューベック

    リューベック

  3. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  1. ラヴォー

    ラヴォー

  2. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  3. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  1. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  2. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  3. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る