サンマルラハデンマキ

サンマルラハデンマキ

サンマルラハデンマキは、フィンランドのラッピ (Lappi) 近郊にある青銅器時代の墓地遺跡。スカンジナビア半島にある青銅器時代の遺跡の中では最重要のもののひとつであり、遺跡の花崗岩製の石塚群のうち、33の石塚がユネスコの世界遺産に登録されている。それらは古いものでは3000年以上遡る、紀元前1500年頃から前500年頃のものである。
石塚群は、タンペレとラウマの間の途から外れた辺鄙な場所にひっそりと佇んでいる。元々は、ボスニア湾岸にあったのだが、土地の隆起によって、いまは海岸線から15km離れた場所に位置している。
石塚のうち4つは1891年に考古学者Volter Högmanが発掘したものである。そこには、16 x 19m という平らな面が広がる異例の石塚、通称「聖堂の床」(Kirkonlaattia) や、古い石壁に囲まれた通称「フルートの長石塚」(Huilun pitkä raunio) などが含まれている。

概要
サンマルラハデンマキは、フィンランドのラッピ (Lappi) 近郊にある青銅器時代の墓地遺跡。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  2. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  3. ザモシチ

    ザモシチ

  1. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  2. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  3. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  1. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  2. リガ

    リガ

  3. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  1. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  2. イルリサット

    イルリサット

  3. 赤の広場

    赤の広場

  1. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  2. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  3. アランフエス

    アランフエス

  1. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  2. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  3. ロンドン塔

    ロンドン塔

  1. リヴィウ

    リヴィウ

  2. リューベック

    リューベック

  3. ポー川

    ポー川

  1. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  2. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  3. レーロース

    レーロース

  1. シュトラールズント

    シュトラールズント

  2. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  3. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  1. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  2. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  3. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  1. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  2. ワルシャワ

    ワルシャワ

  3. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  1. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  2. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  3. エヴォラ

    エヴォラ

  1. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  2. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  3. グラーツ

    グラーツ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る