ジャイアンツ・コーズウェー

ジャイアンツ・コーズウェー

ジャイアンツ・コーズウェー(Giant’s Causeway)は、イギリス・北アイルランドにある、火山活動で生まれた4万もの石柱群が連なる地域。アントリム州ブッシュミルズの北2kmに位置する海岸線にある。

1986年にユネスコの世界遺産に登録され、翌年には北アイルランド環境省 (the Department of the Environment for Northern Ireland) によって自然保護区に指定された。2005年には『ラジオ・タイムズ』誌 (Radio Times) の読者投票で、「イギリスの最も偉大な自然の驚異」ランキング第四位に選ばれている。

ジャイアンツ・コーズウェーは、ナショナル・トラストによって管理されている。

概要
ジャイアンツ・コーズウェー(Giant's Causeway)は、イギリス・北アイルランドにある、火山活動で生まれた4万もの石柱群が連なる地域。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  2. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  3. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  1. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  2. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  3. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  1. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  2. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  3. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  1. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  2. メルク修道院

    メルク修道院

  3. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  1. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  2. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  3. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  1. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  2. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  3. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  1. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  2. ラヴォー

    ラヴォー

  3. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  1. 赤の広場

    赤の広場

  2. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  3. リガ

    リガ

  1. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  2. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  3. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  1. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  2. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  3. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  1. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  2. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  3. リメス

    リメス

  1. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  2. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  3. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  1. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  2. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  3. マルボルク城

    マルボルク城

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る