シュトルーヴェの測地弧

シュトルーヴェの測地弧

シュトルーヴェの測地弧(シュトルーヴェのそくちこ)は、ドイツ出身のロシアの天文学者、フリードリヒ・フォン・シュトルーヴェが中心となって、1816年から1855年に掛けて子午線弧長の三角測量のために設置された三角点群。これらの観測点群は、地球の大きさなどを正確に測る上で多大な貢献をしたものであり、当時設置された265か所の測量点のうち34か所が、2005年にユネスコの世界遺産に登録された。これは、10か国に跨る珍しい物件であるが、設置された当時の国境区分ではわずか2か国(スウェーデン=ノルウェーとロシア帝国)に跨っているに過ぎないものであった。

概要
シュトルーヴェの測地弧(シュトルーヴェのそくちこ)は、ドイツ出身のロシアの天文学者、フリードリヒ・フォン・シュトルーヴェが中心となって、1816年から1855年に掛けて子午線弧長の三角測量のために設置された三角点群。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  2. リラ修道院

    リラ修道院

  3. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  1. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  2. サナイン修道院

    サナイン修道院

  3. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  1. ミケーネ

    ミケーネ

  2. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  3. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  1. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  2. ラポニア地域

    ラポニア地域

  3. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  1. グラーツ

    グラーツ

  2. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  3. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  1. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  2. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  3. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  1. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  2. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  3. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  1. シュトラールズント

    シュトラールズント

  2. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  3. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  1. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  2. メテオラ

    メテオラ

  3. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  1. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  2. メルク修道院

    メルク修道院

  3. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  1. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  2. リトミシュル城

    リトミシュル城

  3. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  1. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  2. ワルシャワ

    ワルシャワ

  3. エヴォラ

    エヴォラ

  1. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  2. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  3. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る