シュトルーヴェの測地弧

シュトルーヴェの測地弧

シュトルーヴェの測地弧(シュトルーヴェのそくちこ)は、ドイツ出身のロシアの天文学者、フリードリヒ・フォン・シュトルーヴェが中心となって、1816年から1855年に掛けて子午線弧長の三角測量のために設置された三角点群。これらの観測点群は、地球の大きさなどを正確に測る上で多大な貢献をしたものであり、当時設置された265か所の測量点のうち34か所が、2005年にユネスコの世界遺産に登録された。これは、10か国に跨る珍しい物件であるが、設置された当時の国境区分ではわずか2か国(スウェーデン=ノルウェーとロシア帝国)に跨っているに過ぎないものであった。

概要
シュトルーヴェの測地弧(シュトルーヴェのそくちこ)は、ドイツ出身のロシアの天文学者、フリードリヒ・フォン・シュトルーヴェが中心となって、1816年から1855年に掛けて子午線弧長の三角測量のために設置された三角点群。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  2. フェラーラ

    フェラーラ

  3. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  1. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  2. メテオラ

    メテオラ

  3. ピエンツァ

    ピエンツァ

  1. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  2. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  3. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  1. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  2. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  3. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  1. シュトラールズント

    シュトラールズント

  2. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  3. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  1. ワルシャワ

    ワルシャワ

  2. ワッデン海

    ワッデン海

  3. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  1. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  2. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  3. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  1. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  2. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  3. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  1. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  2. 赤の広場

    赤の広場

  3. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  1. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  2. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  3. デルベント

    デルベント

  1. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  2. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  3. ポー川

    ポー川

  1. オビエド

    オビエド

  2. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  3. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  1. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  2. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  3. トルン

    トルン

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る