シュトルーヴェの測地弧

シュトルーヴェの測地弧

シュトルーヴェの測地弧(シュトルーヴェのそくちこ)は、ドイツ出身のロシアの天文学者、フリードリヒ・フォン・シュトルーヴェが中心となって、1816年から1855年に掛けて子午線弧長の三角測量のために設置された三角点群。これらの観測点群は、地球の大きさなどを正確に測る上で多大な貢献をしたものであり、当時設置された265か所の測量点のうち34か所が、2005年にユネスコの世界遺産に登録された。これは、10か国に跨る珍しい物件であるが、設置された当時の国境区分ではわずか2か国(スウェーデン=ノルウェーとロシア帝国)に跨っているに過ぎないものであった。

概要
シュトルーヴェの測地弧(シュトルーヴェのそくちこ)は、ドイツ出身のロシアの天文学者、フリードリヒ・フォン・シュトルーヴェが中心となって、1816年から1855年に掛けて子午線弧長の三角測量のために設置された三角点群。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  2. アランフエス

    アランフエス

  3. オビエド

    オビエド

  1. リトミシュル城

    リトミシュル城

  2. ワッデン海

    ワッデン海

  3. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  1. リガ

    リガ

  2. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  3. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  1. リューベック

    リューベック

  2. ポー川

    ポー川

  3. グラーツ

    グラーツ

  1. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  2. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  3. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  1. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  2. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  3. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  1. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  2. フェラーラ

    フェラーラ

  3. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  1. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  2. ロンドン塔

    ロンドン塔

  3. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  1. シュトラールズント

    シュトラールズント

  2. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  3. ラポニア地域

    ラポニア地域

  1. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  2. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  3. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  1. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  2. リラ修道院

    リラ修道院

  3. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  1. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  2. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  3. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  1. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  2. トルン

    トルン

  3. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る