シュトルーヴェの測地弧

シュトルーヴェの測地弧

シュトルーヴェの測地弧(シュトルーヴェのそくちこ)は、ドイツ出身のロシアの天文学者、フリードリヒ・フォン・シュトルーヴェが中心となって、1816年から1855年に掛けて子午線弧長の三角測量のために設置された三角点群。これらの観測点群は、地球の大きさなどを正確に測る上で多大な貢献をしたものであり、当時設置された265か所の測量点のうち34か所が、2005年にユネスコの世界遺産に登録された。これは、10か国に跨る珍しい物件であるが、設置された当時の国境区分ではわずか2か国(スウェーデン=ノルウェーとロシア帝国)に跨っているに過ぎないものであった。

概要
シュトルーヴェの測地弧(シュトルーヴェのそくちこ)は、ドイツ出身のロシアの天文学者、フリードリヒ・フォン・シュトルーヴェが中心となって、1816年から1855年に掛けて子午線弧長の三角測量のために設置された三角点群。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. グラーツ

    グラーツ

  2. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  3. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  1. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  2. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  3. ワルシャワ

    ワルシャワ

  1. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  2. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  3. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  1. コインブラ大学

    コインブラ大学

  2. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  3. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  1. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  2. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  3. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  1. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  2. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  3. マルボルク城

    マルボルク城

  1. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  2. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  3. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  1. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  2. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  3. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  1. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  2. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  3. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  1. ロンドン塔

    ロンドン塔

  2. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  3. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  1. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  2. デルベント

    デルベント

  3. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  1. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  2. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  3. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  1. アランフエス

    アランフエス

  2. リガ

    リガ

  3. リラ修道院

    リラ修道院

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る