ショーモン城

ショーモン城

ショーモン城(Château de Chaumont)はフランスにある城。ロワール=エ=シェール県のショーモン=シュル=ロワールで最初の城である。11世紀に始まり、ブロワ伯爵のユーデス2世によって建てられた。

1560年、城はカトリーヌ・ド・メディシスの資産となり、彼女はここに多数の占星術者を滞在させた。なお、占星術師ノストラダムスがこの城でカトリーヌに未来の情景を映し出す鏡を見せて、ヴァロワ朝の終焉が近いことを知らせたというエピソードは有名であるが、ノストラダムスがショーモン城に滞在したことは確認されていない。

彼女の夫アンリ2世が死去すると、カトリーヌは権力を駆使して、アンリの愛妾ディアーヌ・ド・ポワチエからシュノンソー城を奪い返そうとする。それに合法性を持たせるため、ディアーヌは最愛のシュノンソー城の代金としてショーモン城を無理やり売りつけられる。ディアーヌこの取引の際、ごく短期間だけショーモンに滞在した。

概要
ショーモン城(Château de Chaumont)はフランスにある城。ロワール=エ=シェール県のショーモン=シュル=ロワールで最初の城である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  2. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  3. リガ

    リガ

  1. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  2. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  3. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  1. メテオラ

    メテオラ

  2. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  3. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  1. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  2. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  3. アランフエス

    アランフエス

  1. リメス

    リメス

  2. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  3. オビエド

    オビエド

  1. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  2. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  3. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  1. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  2. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  3. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  1. ワルシャワ

    ワルシャワ

  2. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  3. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  1. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  2. シュトラールズント

    シュトラールズント

  3. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  1. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  2. サナイン修道院

    サナイン修道院

  3. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  1. イルリサット

    イルリサット

  2. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  3. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  1. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  2. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  3. ポー川

    ポー川

  1. エヴォラ

    エヴォラ

  2. ワッデン海

    ワッデン海

  3. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る