ショーモン城

ショーモン城

ショーモン城(Château de Chaumont)はフランスにある城。ロワール=エ=シェール県のショーモン=シュル=ロワールで最初の城である。11世紀に始まり、ブロワ伯爵のユーデス2世によって建てられた。

1560年、城はカトリーヌ・ド・メディシスの資産となり、彼女はここに多数の占星術者を滞在させた。なお、占星術師ノストラダムスがこの城でカトリーヌに未来の情景を映し出す鏡を見せて、ヴァロワ朝の終焉が近いことを知らせたというエピソードは有名であるが、ノストラダムスがショーモン城に滞在したことは確認されていない。

彼女の夫アンリ2世が死去すると、カトリーヌは権力を駆使して、アンリの愛妾ディアーヌ・ド・ポワチエからシュノンソー城を奪い返そうとする。それに合法性を持たせるため、ディアーヌは最愛のシュノンソー城の代金としてショーモン城を無理やり売りつけられる。ディアーヌこの取引の際、ごく短期間だけショーモンに滞在した。

概要
ショーモン城(Château de Chaumont)はフランスにある城。ロワール=エ=シェール県のショーモン=シュル=ロワールで最初の城である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  2. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  3. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  1. フェラーラ

    フェラーラ

  2. ユッセ城

    ユッセ城

  3. ワッデン海

    ワッデン海

  1. ワルシャワ

    ワルシャワ

  2. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  3. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  1. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  2. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  3. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  1. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  2. トルン

    トルン

  3. リトミシュル城

    リトミシュル城

  1. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  2. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  3. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  1. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  2. リューベック

    リューベック

  3. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  1. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  2. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  3. グラーツ

    グラーツ

  1. マルボルク城

    マルボルク城

  2. ポー川

    ポー川

  3. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  1. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  2. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  3. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  1. シュトラールズント

    シュトラールズント

  2. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  3. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  1. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  2. ラポニア地域

    ラポニア地域

  3. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  1. ミケーネ

    ミケーネ

  2. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  3. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る