ジロカストラ

ジロカストラ

ジロカストラ(アルバニア語: Gjirokastër、ギリシア語: Αργυρόκαστρο、トルコ語: Ergiri、イタリア語: Argirocastro)はアルバニア南部の人口 43,000人の都市である。歴史的な地域であるエピルス地方にあり、ジロカストラ州とジロカストラ県の首府である。旧市街は世界遺産に登録され、希少なオスマン帝国時代の町並みや農民によって築かれた多くの歴史遺産が残されている。ジロカストラはジロカストラ山とドリノ川の間の谷に位置し、海抜は300mである。ジロカストラ城(英語版)が市内を見下ろし、5年ごとにジロカストラナ民族文化フェスティバルが開かれている。ジロカストラは共産主義時代の指導者エンヴェル・ホッジャやアルバニアの著名な作家イスマイル・カダレの出身地で、市内にはエチェレム・チャベイ大学(英語版)がある。

ジロカストラが歴史的な記録に現れたのは1336年で、名称はギリシャ語でアルギロカストロ(Argyrokastro)。当時はビザンティン帝国の領域の一部であった。後にアルバニア人貴族ジョン・ゼネビシ(英語版) (1373-1417)の公国であったジロカストラ公国(英語版)の中心地となる。その後、5世紀にわたりオスマン帝国の支配下となった。バルカン戦争時にはギリシャ人が居住していることを根拠としてギリシャ陸軍によって占領されたが 、1913年に新たに独立を宣言したアルバニアに組み込まれる。これに反発した地元のギリシャ人たちはゲリラ闘争によって北エピルス自治共和国(英語版)を成立させジロカストラに首都を置いたが、ジロカストラを含む北エピルスは1921年には最終的にアルバニア領となった。アルバニアに政治危機を引き起こした1997年のアルバニア暴動は、市内にも及んだ。

アルバニア人と並んでかなりのギリシャ人マイノリティーが市内に居住している。 ジロカストラはサランダとともにアルバニアにおけるギリシャ人コミュ二ティーの中心であると考えられており[3]、市内にはギリシャの領事館が置かれている。

概要
ジロカストラ(アルバニア語: Gjirokastër、ギリシア語: Αργυρόκαστρο、トルコ語: Ergiri、イタリア語: Argirocastro)はアルバニア南部の人口 43,000人の都市である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  2. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  3. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  1. メルク修道院

    メルク修道院

  2. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  3. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  1. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  2. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  3. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  1. リューベック

    リューベック

  2. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  3. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  1. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  2. グラーツ

    グラーツ

  3. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  1. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  2. イルリサット

    イルリサット

  3. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  1. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  2. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  3. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  1. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  2. トルン

    トルン

  3. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  1. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  2. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  3. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  1. オビエド

    オビエド

  2. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  3. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  1. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  2. レーロース

    レーロース

  3. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  1. マルボルク城

    マルボルク城

  2. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  3. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  1. ワルシャワ

    ワルシャワ

  2. ザモシチ

    ザモシチ

  3. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る