スオメンリンナの要塞

スオメンリンナの要塞

スオメンリンナの要塞は、フィンランドの首都ヘルシンキ市内の6つの島の上に建造された海防要塞。ユネスコの世界遺産に登録されており、観光客のみでなく、地元民にとっても、美しい行楽地として人気がある。当初の名前はスヴェアボリ(Sveaborg, スウェーデンの要塞)だったが、1918年に愛国主義的な理由からスオメンリンナ(スオミの城塞)と改称された。これは、星型要塞の一例である。

1748年にスウェーデン=フィンランドはロシア帝国に対する守りを目的として要塞の建造に着手した。総責任者に任命されたのは、Augustin Ehrensvärdであり、その当初案には当代きっての築城の名手ヴォーバンの思想の強い影響が見られた。

島の要塞自体に加えて、本土の臨海要塞群が足がかりとなる海岸堡を築けないようにしていた。また、計画には駐留スウェーデン海軍とフィンランド分遣隊全体の軍需品の備蓄も盛り込まれていた。フィンランド戦争中の1808年5月3日に要塞はロシア軍に占領され、1809年のロシア軍によるフィンランド占領の足がかりとなった。この時には実害がほとんどなかったが、1855年のクリミア戦争のときには、イギリス海軍とフランス海軍による艦隊の艦砲射撃で損害を被った。

1973年には民政下に置かれ、1991年に世界遺産に登録された。

概要
スオメンリンナの要塞は、フィンランドの首都ヘルシンキ市内の6つの島の上に建造された海防要塞。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  2. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  3. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  1. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  2. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  3. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  1. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  2. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  3. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  1. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  2. ラポニア地域

    ラポニア地域

  3. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  1. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  2. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  3. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  1. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  2. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  3. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  1. ユッセ城

    ユッセ城

  2. リラ修道院

    リラ修道院

  3. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  1. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  2. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  3. イルリサット

    イルリサット

  1. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  2. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  3. デルベント

    デルベント

  1. マルボルク城

    マルボルク城

  2. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  3. レーロース

    レーロース

  1. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  2. クレムリン

    クレムリン

  3. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  1. メルク修道院

    メルク修道院

  2. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  3. リューベック

    リューベック

  1. リメス

    リメス

  2. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  3. エヴォラ

    エヴォラ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る