スケリッグ・マイケル

スケリッグ・マイケル

スケリッグ・マイケル(英: Skellig Michael 、アイルランド語: Sceilig Mhichíl シケリグ・ヴィヒール、「ミカエルの岩」の意)とはアイルランド島の西方ケリー州の沖合16キロメートルに位置する面積0.18平方キロメートルの急峻な岩山からなる孤島。西暦588年に標高218メートルの島の山頂付近にケルト人により修道院が建てられたという説があるが、確かな記録はない。1996年にはユネスコの世界遺産に登録されている。

島の位置とその急峻さにより、現在にいたるまで修道院はその原型を良くとどめている。アイルランドにおける初期キリスト教の僧侶たちは垂直に切り立った崖の下に、石を積み上げてつくった小屋で暮らしていた。

スケリッグ・マイケルの修道院は、823年のヴァイキング襲来にも耐えて西暦1000年前後には教会が拡張された。遅くとも1044年までに聖ミカエルを祀る修道院になったとみなされる。その後100年ほどして施設は放棄され島には人が住まなくなった。

西暦1500年頃になると毎年海が穏やかになる時期を見はからって巡礼が訪れるようになる。1826年には灯台が建設され、1986年には一部の建築物の修復が行われた。しかし、近年観光客の増加により遺跡が損傷していることから、島への渡航が制限されるようになっている。

島には、マンクスミズナギドリ、ウミツバメ、ウミガラス、オオハシウミガラス、ミツユビカモメ、フルマカモメ、カツオドリ、ニシツノメドリなどの海鳥が生息し、自然保護区に指定されている。

概要
スケリッグ・マイケル(英: Skellig Michael 、アイルランド語: Sceilig Mhichíl シケリグ・ヴィヒール、「ミカエルの岩」の意)とはアイルランド島の西方ケリー州の沖合16キロメートルに位置する面積0.18平方キロメートルの急峻な岩山からなる孤島。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  2. リューベック

    リューベック

  3. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  1. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  2. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  3. トルン

    トルン

  1. ロンドン塔

    ロンドン塔

  2. フェラーラ

    フェラーラ

  3. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  1. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  2. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  3. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  1. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  2. ザモシチ

    ザモシチ

  3. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  1. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  2. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  3. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  1. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  2. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  3. オビエド

    オビエド

  1. メルク修道院

    メルク修道院

  2. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  3. ワッデン海

    ワッデン海

  1. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  2. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  3. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  1. ラヴォー

    ラヴォー

  2. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  3. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  1. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  2. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  3. イルリサット

    イルリサット

  1. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  2. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  3. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  1. ユッセ城

    ユッセ城

  2. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  3. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る