スタリー・グラード

スタリー・グラード

スタリー・グラード(クロアチア語:Stari Grad)、あるいはスタリ・グラードは、クロアチア、ダルマチア地方のフヴァル島にあり、フヴァルと並ぶ主要な町で、島の北西部にある町。スタリー・グラード自治体の人口は2001年の時点で2,817人であり、うち1,906人はスタリー・グラードの町に住んでいる。

スタリー・グラードはクロアチア語で「古い町」を意味し、フヴァル島で最も古い集落であり、アドリア海の島々の中でも最古の集落の一つである。スタリー・グラードには古代より人が居住しており、古くはフヴァル文化の担い手たちが、後にはギリシャ人が居住した。紀元前384年、ギリシャ人の哲学者アリストテレスがトラキアで生まれたのと同じ年、エーゲ海のパロス島からギリシャ人が移住し、この島をパロス(Pharos)と名づけた。

スタリー・グラードはルネサンス時代の作家・ペータル・ヘクトロヴィッチ(Petar Hektorović)の生まれた地である。

2008年7月7日、スタリー・グラード平原はUNESCOの世界遺産に登録された。スタリー・グラード平原はクロアチアで7番目の世界遺産となった[1。

概要
スタリー・グラード(クロアチア語:Stari Grad)、あるいはスタリ・グラードは、クロアチア、ダルマチア地方のフヴァル島にあり、フヴァルと並ぶ主要な町で、島の北西部にある町。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  2. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  3. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  1. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  2. 赤の広場

    赤の広場

  3. コインブラ大学

    コインブラ大学

  1. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  2. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  3. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  1. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  2. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  3. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  1. グラーツ

    グラーツ

  2. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  3. エヴォラ

    エヴォラ

  1. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  2. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  3. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  1. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  2. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  3. ピエンツァ

    ピエンツァ

  1. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  2. クレムリン

    クレムリン

  3. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  1. アランフエス

    アランフエス

  2. ワルシャワ

    ワルシャワ

  3. ラポニア地域

    ラポニア地域

  1. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  2. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  3. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  1. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  2. ミケーネ

    ミケーネ

  3. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  1. オビエド

    オビエド

  2. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  3. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  1. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  2. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  3. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る