ストックレー邸

ストックレー邸

ストックレー邸(Le palais Stoclet)は、ブリュッセルのテルヴュラン通り279/281番地(le 279/281 avenue de Tervueren)に残る邸宅で、2009年6月の世界遺産委員会で、ユネスコの世界遺産リストに登録されたモダニズム建築である。

この邸宅は、1903年か1904年に、ベルギーの金融業者アドルフ・ストックレー(Adolphe Stoclet)の私邸とするために、オーストリアの建築家ヨーゼフ・ホフマンによって考案されたものである。実際の建築は、1905年から1911年にかけて段階的に行われた。

ストックレー邸は、20世紀初頭に発達した、内装・外装、家具・日用品、庭園などを不可分のものと捉える総合芸術 (Gesamtkunstwerk) を体現した建物である。内装はグスタフ・クリムトとフェルナン・クノップフが手がけた。

建物は直線的で、曲線が主体だったアール・ヌーヴォーの時代にあっては革新的なものだった。それはキュビズムの到来を告げ、アール・デコの時代を20年先取りするものであった。

概要
ストックレー邸(Le palais Stoclet)は、ブリュッセルのテルヴュラン通り279/281番地(le 279/281 avenue de Tervueren)に残る邸宅で、2009年6月の世界遺産委員会で、ユネスコの世界遺産リストに登録されたモダニズム建築である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  2. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  3. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  1. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  2. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  3. エヴォラ

    エヴォラ

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. ピエンツァ

    ピエンツァ

  3. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  1. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  2. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  3. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  1. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  2. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  3. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  1. リューベック

    リューベック

  2. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  3. レーロース

    レーロース

  1. ラヴォー

    ラヴォー

  2. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  3. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  1. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  2. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  3. リラ修道院

    リラ修道院

  1. シュトラールズント

    シュトラールズント

  2. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  3. デルベント

    デルベント

  1. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  2. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  3. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  1. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  2. リガ

    リガ

  3. マルボルク城

    マルボルク城

  1. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  2. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  3. イルリサット

    イルリサット

  1. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  2. メテオラ

    メテオラ

  3. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る