ストックレー邸

ストックレー邸

ストックレー邸(Le palais Stoclet)は、ブリュッセルのテルヴュラン通り279/281番地(le 279/281 avenue de Tervueren)に残る邸宅で、2009年6月の世界遺産委員会で、ユネスコの世界遺産リストに登録されたモダニズム建築である。

この邸宅は、1903年か1904年に、ベルギーの金融業者アドルフ・ストックレー(Adolphe Stoclet)の私邸とするために、オーストリアの建築家ヨーゼフ・ホフマンによって考案されたものである。実際の建築は、1905年から1911年にかけて段階的に行われた。

ストックレー邸は、20世紀初頭に発達した、内装・外装、家具・日用品、庭園などを不可分のものと捉える総合芸術 (Gesamtkunstwerk) を体現した建物である。内装はグスタフ・クリムトとフェルナン・クノップフが手がけた。

建物は直線的で、曲線が主体だったアール・ヌーヴォーの時代にあっては革新的なものだった。それはキュビズムの到来を告げ、アール・デコの時代を20年先取りするものであった。

概要
ストックレー邸(Le palais Stoclet)は、ブリュッセルのテルヴュラン通り279/281番地(le 279/281 avenue de Tervueren)に残る邸宅で、2009年6月の世界遺産委員会で、ユネスコの世界遺産リストに登録されたモダニズム建築である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ワッデン海

    ワッデン海

  2. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  3. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  1. リガ

    リガ

  2. メルク修道院

    メルク修道院

  3. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  1. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  2. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  3. リューベック

    リューベック

  1. リヴィウ

    リヴィウ

  2. アランフエス

    アランフエス

  3. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  1. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  2. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  3. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  1. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  2. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  3. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  1. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  2. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  3. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  1. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  2. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  3. トルン

    トルン

  1. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  2. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  3. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  1. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  2. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  3. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  1. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  2. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  3. ワルシャワ

    ワルシャワ

  1. ラポニア地域

    ラポニア地域

  2. メテオラ

    メテオラ

  3. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  1. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  2. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  3. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る