ソコルル・メフメト・パシャ橋

ソコルル・メフメト・パシャ橋

ソコルル・メフメト・パシャ橋(トルコ語:Sokullu Mehmet Paşa Köprüsü)、メフメド・パシャ・ソコロヴィッチ橋(セルビア語・ボスニア語・クロアチア語:Мост Мехмед паше Соколовића / Most Mehmed-paše Sokolovića)は、ボスニア・ヘルツェゴビナ東部、スルプスカ共和国の町ヴィシェグラードにある橋で、市内を流れるドリナ川に架かっている。オスマン帝国の宮廷建築家だったミマール・スィナンが16世紀末に手がけた橋で、当時のオスマン帝国の建築水準の高さを例証する産業遺産として、2007年にユネスコの世界遺産に登録された。ボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産としては2例目の登録で、最初の登録物件であるスタリ・モストと同じく、橋の世界遺産である。

橋の名前は、この橋の建築を命じた大宰相ソコルル・メフメト・パシャ (Sokollu Mehmet Paşa) に由来する。

全長は 179.5 m で、11の石組みのアーチから成っている。これらのアーチは、20世紀の二度の世界大戦で壊滅的な被害を受けたが、その後再建されて今に至る。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中のヴィシェグラードの虐殺(Višegrad massacre、1992年)では惨劇の現場にもなった。

概要
ソコルル・メフメト・パシャ橋(トルコ語:Sokullu Mehmet Paşa Köprüsü)、メフメド・パシャ・ソコロヴィッチ橋(セルビア語・ボスニア語・クロアチア語:Мост Мехмед паше Соколовића / Most Mehmed-paše Sokolovića)は、ボスニア・ヘルツェゴビナ東部、スルプスカ共和国の町ヴィシェグラードにある橋で、市内を流れるドリナ川に架かっている。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  2. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  3. ミケーネ

    ミケーネ

  1. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  2. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  3. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  1. リューベック

    リューベック

  2. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  3. オビエド

    オビエド

  1. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  2. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  3. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  1. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  2. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  3. リメス

    リメス

  1. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  2. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  3. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  1. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  2. フェラーラ

    フェラーラ

  3. クレムリン

    クレムリン

  1. リラ修道院

    リラ修道院

  2. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  3. デルベント

    デルベント

  1. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. ザモシチ

    ザモシチ

  1. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  2. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  3. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  1. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  2. マルボルク城

    マルボルク城

  3. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  1. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  2. グラーツ

    グラーツ

  3. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  1. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  2. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  3. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る