アムステルダムの防塞線

アムステルダムの防塞線

アムステルダムの防塞線は、オランダにある世界遺産登録物件の一つ。42の要塞が配置された全長135キロに及ぶ堤防で、各要塞はアムステルダム中心部から10 – 15kmに位置しており、戦時には防衛の為に低地部が容易に冠水するように設計されていた。冠水時の水深は30cm程度で、ボートが使えないように配慮されていた。また、防塞線の1km以内の建造物は、可燃性や可動性を考慮されて木製だった。
アムステルダムの防塞線は1880年から1914年に建造された。しかし、完成するや、飛行機と戦車の実戦投入が始まり、要塞は意味を成さなくなった。要塞の多くは、現在、市議会の管理下にあるが、観光は可能である。史跡記念日(9月第2土曜日)は入場無料なので、観光に適している。

概要
アムステルダムの防塞線は、オランダにある世界遺産登録物件の一つ。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. レーロース

    レーロース

  2. コインブラ大学

    コインブラ大学

  3. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  1. ユッセ城

    ユッセ城

  2. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  3. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  3. メテオラ

    メテオラ

  1. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  2. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  3. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  1. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  2. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  3. フェラーラ

    フェラーラ

  1. リヴィウ

    リヴィウ

  2. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  3. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  1. シュトラールズント

    シュトラールズント

  2. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  3. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  1. ポー川

    ポー川

  2. リガ

    リガ

  3. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  1. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  2. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  3. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  1. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  2. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  3. デルベント

    デルベント

  1. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  2. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  3. マルボルク城

    マルボルク城

  1. グラーツ

    グラーツ

  2. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  3. アランフエス

    アランフエス

  1. ラヴォー

    ラヴォー

  2. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  3. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る