ダーウェント峡谷の工場群

ダーウェント峡谷の工場群

ダーウェント峡谷の工場群(ダーウェントけいこくのこうじょうぐん)は、イギリスのダービーシャー州ダーウェント川 (River Derwent) 沿いにある世界遺産である。ミル (Mill) ともいう近代的な工場は、リチャード・アークライトが発展させた綿紡績のための新技術に適応すべきものとして、この地で生まれたのである。

1769年にアークライトの発明した紡績機は、先行するジェニー紡績機をさらに発展させたものであり、水車を動力源としていたことから川沿いに設置することが必要だった。こうして設置されていった工場群は、産業革命の最も初期の工場群として、現代の機械制大規模工場生産の淵源となった。なおかつ、農村の景観に工業設備群が組み込まれるということは、工場労働者たちの住居の建設にもつながった。立地条件の悪さから、労働者の雇用に配慮する必要があったためである。こうした動きが、単に歴史的な価値だけでなく、この地に独特の産業景観を生み出すことにもなったのである。

概要
ダーウェント峡谷の工場群(ダーウェントけいこくのこうじょうぐん)は、イギリスのダービーシャー州ダーウェント川 (River Derwent) 沿いにある世界遺産である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  2. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  3. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  1. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  2. リラ修道院

    リラ修道院

  3. イルリサット

    イルリサット

  1. グラーツ

    グラーツ

  2. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  3. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  1. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  2. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  3. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  1. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  2. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  3. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  1. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  2. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  3. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  1. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  2. ワルシャワ

    ワルシャワ

  3. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  1. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  2. リヴィウ

    リヴィウ

  3. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  1. マルボルク城

    マルボルク城

  2. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  3. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  1. ザモシチ

    ザモシチ

  2. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  3. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  1. メテオラ

    メテオラ

  2. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  3. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  1. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  2. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  3. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  1. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  2. デルベント

    デルベント

  3. ラポニア地域

    ラポニア地域

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る