チェスキー・クルムロフ

チェスキー・クルムロフ

チェスキー・クルムロフ (チェコ語:Český Krumlov、ドイツ語:Krumau (Krummau) an der Moldau、またはBöhmisch Krumau (Krummau)、ラテン語表記:Crumlaw)は、チェコ・南ボヘミア州の小さな都市。クルムロフ城を含む優れた建築物と歴史的文化財で知られる。クルムロフは「川の湾曲部の湿地帯」を意味し、ドイツ語のKrumme Aueをその語源とする。チェスキーは、チェコ語で「ボヘミアの」という意味であり、これによりモラヴィアにあるモラヴスキー・クルムロフ(Moravský Krumlov)と区別される。1920年以前はクルマウ・アン・デア・モルダウという名称で知られ、古い地図には単にクルマウ(Krumau)と記載されていることが多い。

概要
チェスキー・クルムロフ (チェコ語:Český Krumlov、ドイツ語:Krumau (Krummau) an der Moldau、またはBöhmisch Krumau (Krummau)、ラテン語表記:Crumlaw)は、チェコ・南ボヘミア州の小さな都市。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  2. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  3. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  1. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  2. リラ修道院

    リラ修道院

  3. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  1. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  2. レーロース

    レーロース

  3. オビエド

    オビエド

  1. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  2. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  3. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  1. マルボルク城

    マルボルク城

  2. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  3. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  1. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  2. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  3. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  1. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  2. リメス

    リメス

  3. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  1. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  2. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  3. グラーツ

    グラーツ

  1. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  2. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  3. ミケーネ

    ミケーネ

  1. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  1. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  2. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  3. デルベント

    デルベント

  1. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  2. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  3. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  1. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  2. メルク修道院

    メルク修道院

  3. ワルシャワ

    ワルシャワ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る