チャタル・ヒュユク

チャタル・ヒュユク

チャタル・ヒュユク(-・ホユック,-・フユクとも;Çatalhöyük /ʧɑtɑl højyk/ ,Çatal Höyük , Çatal Hüyük)は、アナトリア地方南部、現在のトルコ共和国、コンヤ市の南東数十km、コンヤ平原に広がる小麦畑をみおろす高台に位置する新石器時代から金石併用時代の遺跡である。その最下層は、紀元前7500年にさかのぼると考えられ、遺跡の規模や複雑な構造から世界最古の都市遺跡と称されることもある。チャタルとはトルコ語でforkを意味し、ヒュユク(ホユック)で丘や塚を意味するので「分岐した丘」の意味となる。

チャタル・ヒュユクの遺丘は、チュルサンバ (Çarsamba)・チャイ川の旧河床を挟んで東西にあって、東側は、長径500m、短径300m、高さ20m弱の卵形で西側に比べて規模が大きい。うち新石器時代の文化層は15mに達し、14層の文化層が確認されている。年代的には放射性炭素年代測定で紀元前6850年から同6300年にあたる時期のもので、チャタル・ヒュユクの本体である。西側の遺丘は、チャタル・ヒュユク西遺跡と呼ばれ、径400m、高さ7.5mで規模的には東側に比べて小さく、2期にわたる彩文土器の発達した文化層が確認されており、上層は、青銅器が出現するハラフ期(4300 B.C.頃)並行とされ全体的にやや新しい。

概要
チャタル・ヒュユク(-・ホユック,-・フユクとも;Çatalhöyük /ʧɑtɑl højyk/ ,Çatal Höyük , Çatal Hüyük)は、アナトリア地方南部、現在のトルコ共和国、コンヤ市の南東数十km、コンヤ平原に広がる小麦畑をみおろす高台に位置する新石器時代から金石併用時代の遺跡である

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. サナイン修道院

    サナイン修道院

  2. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  3. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  1. ラヴォー

    ラヴォー

  2. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  3. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  1. クレムリン

    クレムリン

  2. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  3. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  1. フェラーラ

    フェラーラ

  2. ザモシチ

    ザモシチ

  3. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  1. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  2. リラ修道院

    リラ修道院

  3. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  1. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  2. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  3. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  1. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  2. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  3. ワルシャワ

    ワルシャワ

  1. マルボルク城

    マルボルク城

  2. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  3. イルリサット

    イルリサット

  1. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  2. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  3. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  1. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  2. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  3. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  1. ポー川

    ポー川

  2. リガ

    リガ

  3. ピエンツァ

    ピエンツァ

  1. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  2. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  3. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  1. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  2. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  3. ラポニア地域

    ラポニア地域

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る