ツォルフェアアイン炭鉱業遺産群

ツォルフェアアイン炭鉱業遺産群

ツォルフェアアイン炭鉱業遺産群は、ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州エッセンにある産業遺産である。ヨーロッパ産業遺産の道のアンカーポイントの一つであり、2001年にはユネスコの世界遺産に登録された。

この施設群での炭鉱業は1847年に見られ始め、採炭は1851年から1986年12月23日まで行われた。1950年代後半からの数十年は、この施設群の二部門であるツォルフェアアイン炭鉱とツォルフェアアイン・コークス工場(1957年から1961年に建造され、1993年6月30日に閉鎖された)は、この種のものとしてはヨーロッパ最大のものであった。1932年に開かれたバウハウス様式の第12採掘坑 (Pit 12) は、建築上からも技術上からも傑作と呼べるものであり、「世界で最も美しい炭鉱」との評価を受けている。

概要
ツォルフェアアイン炭鉱業遺産群は、ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州エッセンにある産業遺産である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  2. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  3. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  1. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  2. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  3. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  1. イルリサット

    イルリサット

  2. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  3. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  1. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  2. ラポニア地域

    ラポニア地域

  3. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  1. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  2. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  3. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  1. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  2. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  3. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  1. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  2. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  3. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  1. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  2. ワルシャワ

    ワルシャワ

  3. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  1. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  2. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  3. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  1. コインブラ大学

    コインブラ大学

  2. クレムリン

    クレムリン

  3. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  1. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  2. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  3. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  1. ワッデン海

    ワッデン海

  2. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  3. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  1. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  2. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  3. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る