ツォルフェアアイン炭鉱業遺産群

ツォルフェアアイン炭鉱業遺産群

ツォルフェアアイン炭鉱業遺産群は、ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州エッセンにある産業遺産である。ヨーロッパ産業遺産の道のアンカーポイントの一つであり、2001年にはユネスコの世界遺産に登録された。

この施設群での炭鉱業は1847年に見られ始め、採炭は1851年から1986年12月23日まで行われた。1950年代後半からの数十年は、この施設群の二部門であるツォルフェアアイン炭鉱とツォルフェアアイン・コークス工場(1957年から1961年に建造され、1993年6月30日に閉鎖された)は、この種のものとしてはヨーロッパ最大のものであった。1932年に開かれたバウハウス様式の第12採掘坑 (Pit 12) は、建築上からも技術上からも傑作と呼べるものであり、「世界で最も美しい炭鉱」との評価を受けている。

概要
ツォルフェアアイン炭鉱業遺産群は、ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州エッセンにある産業遺産である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  2. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  3. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  1. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  2. リトミシュル城

    リトミシュル城

  3. デルベント

    デルベント

  1. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  2. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  3. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  1. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  2. ユッセ城

    ユッセ城

  3. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  1. オビエド

    オビエド

  2. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  3. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  3. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  1. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  2. ザモシチ

    ザモシチ

  3. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  1. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  2. アランフエス

    アランフエス

  3. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  1. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  2. イルリサット

    イルリサット

  3. グラーツ

    グラーツ

  1. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  2. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  3. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  1. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  2. メテオラ

    メテオラ

  3. リューベック

    リューベック

  1. ワッデン海

    ワッデン海

  2. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  3. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  1. クレムリン

    クレムリン

  2. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  3. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る