テイデ山

テイデ山

テイデ(Teide)もしくはピコ・デル・テイデ(Pico del Teide)は、カナリア諸島のテネリフェ島にある、スペイン領内最高峰に当たる火山。テイデ山とその周辺は、「テイデ国立公園」(Parque nacional del Teide)という面積18900ヘクタール あまりを持つ国立公園になっており、2007年にはユネスコの世界遺産に登録された。

海抜の標高は3718メートルで、近海の海底からの高さはおよそ7500メートルであり、スペイン領内最高峰であるとともに、大西洋の島にある山としても最高峰である[1]。テネリフェ島それ自体が地球で第三位の規模を持つ火山になっていることから、テネリフェ島は世界第三位の火山島でもある、また、テネリフェは標高も火山島として世界第三位になっている。

噴火を繰り返してきた歴史と人口密集地に近いことから、国際火山学地球内部化学会によって、テイデ山は将来起こりうる自然災害に備えるための緊密な研究が要請される特定16火山(Decade Volcanoes) のひとつに指定されている。

概要
テイデ(Teide)もしくはピコ・デル・テイデ(Pico del Teide)は、カナリア諸島のテネリフェ島にある、スペイン領内最高峰に当たる火山。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  2. フェラーラ

    フェラーラ

  3. エヴォラ

    エヴォラ

  1. サナイン修道院

    サナイン修道院

  2. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  3. ロンドン塔

    ロンドン塔

  1. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  2. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  3. ワルシャワ

    ワルシャワ

  1. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  2. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  3. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  1. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  2. クレムリン

    クレムリン

  3. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  1. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  2. ワッデン海

    ワッデン海

  3. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  1. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  2. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  3. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  1. ユッセ城

    ユッセ城

  2. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  3. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  1. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  2. リヴィウ

    リヴィウ

  3. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  1. デルベント

    デルベント

  2. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  3. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  1. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  2. グラーツ

    グラーツ

  3. リラ修道院

    リラ修道院

  1. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  2. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  3. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  1. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  2. リガ

    リガ

  3. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る