トゥーゲントハット邸

トゥーゲントハット邸

トゥーゲントハット邸(Vila Tugendhat)は、1928年から1930年にかけてチェコスロバキア(現チェコ領内)のブルノに建てられた邸宅である。ドイツのモダニズム建築家ミース・ファン・デル・ローエの代表作のひとつと見なされており、チェコスロバキアの機能主義的建築物の中では、最重要にして最も美しいものである。

1992年には、チェコとスロバキアが分離独立(いわゆるビロード離婚)を決めた際に、調印式が行われた歴史的な場所でもある。

概要
トゥーゲントハット邸(Vila Tugendhat)は、1928年から1930年にかけてチェコスロバキア(現チェコ領内)のブルノに建てられた邸宅である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  2. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  3. ミケーネ

    ミケーネ

  1. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  2. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  3. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  1. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  2. ラポニア地域

    ラポニア地域

  3. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  1. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  2. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  3. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  1. デルベント

    デルベント

  2. サナイン修道院

    サナイン修道院

  3. リガ

    リガ

  1. ユッセ城

    ユッセ城

  2. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  3. マルボルク城

    マルボルク城

  1. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  2. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  3. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  1. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  2. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  3. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  1. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  2. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  3. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  1. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  2. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  3. イルリサット

    イルリサット

  1. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  2. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  3. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  1. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  2. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  3. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  1. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  2. ワルシャワ

    ワルシャワ

  3. ポー川

    ポー川

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る