ドゥブロヴニク

ドゥブロヴニク

ドゥブロヴニク(クロアチア語: Dubrovnik、イタリア語: Ragusa、ラテン語: Ragusium)は、クロアチア、アドリア海沿岸のダルマチア最南部に位置する都市及び基礎自治体で、ドゥブロヴニク=ネレトヴァ郡の郡都である。ボスニア・ヘルツェゴビナの唯一の海港であるネウムが回廊状態で分断しているため、クロアチア本土とは陸続きではない(→飛び地)。

1979年に世界遺産に登録された旧市街は「アドリア海の真珠」とも謳われる美しい町並みを誇る。アドリア海沿岸でも傑出した観光地であり、多数のクルーズ船が寄港する他、地中海各都市とフェリーで結ばれドゥブロヴニク=ネレトヴァ郡の中心都市となっている。人口は2011年に行われた国勢調査で42,641である。そのうち、約28,000人はドゥブロヴニク市街に居住している。2001年の国勢調査ではクロアチア人は住民の88.39%を占めていた。

ドゥブロヴニクは歴史的に海洋貿易によって栄えた都市で、中世のラグーサ共和国はアマルフィ、ピサ、ジェノヴァ、ヴェネツィアなどと共に5つの海洋共和国に数えられ、アドリア海東側では唯一のライバルである都市国家はヴェネチア共和国だけであった。巧みな外交術と豊富な富に支えられ15世紀から16世紀にかけてはとくに特筆するほど発展している。1970年代、恒久的に戦争による破壊から守るために非武装化されたが、1991年のユーゴスラビア崩壊に伴う紛争でセルビア・モンテネグロ勢力によって7ヶ月間包囲(ドゥブロヴニク包囲)され砲撃により多大な損害を蒙った。

概要
ドゥブロヴニク(クロアチア語: Dubrovnik、イタリア語: Ragusa、ラテン語: Ragusium)は、クロアチア、アドリア海沿岸のダルマチア最南部に位置する都市及び基礎自治体で、ドゥブロヴニク=ネレトヴァ郡の郡都である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  2. アランフエス

    アランフエス

  3. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  1. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  2. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  3. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. コインブラ大学

    コインブラ大学

  3. トルン

    トルン

  1. リトミシュル城

    リトミシュル城

  2. メテオラ

    メテオラ

  3. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  1. リラ修道院

    リラ修道院

  2. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  3. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  1. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  2. ポー川

    ポー川

  3. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  1. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  2. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  3. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  1. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  2. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  3. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  1. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  2. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  3. メルク修道院

    メルク修道院

  1. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  2. ピエンツァ

    ピエンツァ

  3. リガ

    リガ

  1. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  2. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  3. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  1. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  2. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  3. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  1. マルボルク城

    マルボルク城

  2. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  3. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る